テンペで、大豆のパワーをより効果的に摂取!

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

テンペで、大豆のパワーをより効果的に摂取!

 

みなさん、テンペはご存じでしょうか? テンペとは、大豆をテンペ菌で発酵させたもの。インドネシアで、400年以上前から日常的に食べ続けられてきた、伝統的な国民食です。

 

私は15年くらい前に1か月ほどジャカルタに滞在したことがあり、その時にインドネシアならでは食材を探している中でテンペに出会いました。当時はテンペを日本では見ることはまずありませんでしたが、最近は日本のスーパーでもよく見かけるようになりました。

 

日本で大豆の発酵食品と言えば納豆ですよね。日本ではテンペを「インドネシアの納豆」と呼ぶこともあります。

 

ただし、納豆は納豆菌で大豆を発酵させるのに対して、テンペで用いるのはテンペ菌。テンペ菌は、ハイビスカスやバナナの葉についている菌で、白カビであるクモノスカビの一種です。これを用いて、24時間発酵させます。この時に菌が豆をくっつける作用が働き、大豆が板状に連なります。

 

もともと大豆は、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富で、健康維持に欠かせない栄養がぎっしり詰まった優秀食材。また、大豆に含まれるポリフェノールの一種、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、肌のハリと弾力のもとになるコラーゲンの生成を助けます。

 

そして、大豆の持つ、こうした美容・健康成分が、発酵によって分解されてより吸収しやすくなり、パワーアップしているというのが、大豆発酵食品の最大の魅力!

 

たとえば、大豆に含まれるポリアミンは、納豆やテンペ、味噌などの大豆発酵食品にはより高濃度で含まれることがわかっています。ポリアミンには、細胞の新陳代謝を促す働きがあり、老化予防や、肌のくすみ解消、美白などの美肌効果が期待できるそうです。

 

また、テンペは、大豆発酵食品でありながら、納豆のような独特の臭みがなく、どなたにも食べやすい味というのが嬉しいですね。「納豆が体にいいのはわかっているけれど、あの匂いが苦手で…」という方とって、このテンペは何よりです!

 

テンペをとても簡単においしくいただくレシピをご紹介しましょう。レシピと言うほどではないのですが…。

 

山田玲子テンペ

 

①テンペを適当な大きさに切ります。

②フライパンに多めに油をひき、切ったテンペを焼きあげます。

 

チリソースをつけていただくと、爽やかな酸味と辛みのきいた、夏にぴったりの一品になります!

 

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

シェア ツイート LINEで送る
第16回
テンペで、大豆のパワーをより効果的に摂取!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top