春の味覚「菜の花」でアンチエイジング!

プロフィール写真

料理研究家

浜田山・麹町にて料理教室「Salon de R」を主宰。女性の美と健康を考えた、おしゃれなメニューを数多く提案する。

また、「食することは人の輪なり」をモットーに、国内はもとより、NYやヒューストン、スペイン、韓国、シンガポールなど、海外でもレッスンを開催。各地で食を通じて人々と交流を深めている。

近著に全文英訳付きレシピ本『おにぎりレシピ101』(ポット出版)がある。

春の味覚「菜の花」でアンチエイジング!

 

 

春のきざしが感じられる今日この頃。八百屋さんの店頭には菜の花が並び始めました。ほろ苦い菜の花をいただくと、春の訪れが感じられてちょっと嬉しくなりますね。

 

そんな春の味覚の代表的な存在、菜の花ですが、実は栄養価の高さでも注目したい野菜。β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、葉酸、食物繊維など、とても栄養豊富です。

 

中でも特筆すべきはβ-カロテンで、その含有量は野菜の中でもトップクラス。β-カロテンは強い抗酸化作用を持つことで知られていますね。抗酸化作用とは、皆さんよくご存じのように、アンチエイジングの大敵である活性酸素を消去する力です。

 

人間の体には一般的な活性酸素を除去する力は備わっているそうですが、ストレスをなどにより変化した、「ヒドロキシラジカル」のような強力な毒性を持った活性酸素を消去する力は持っていないのだとか…。

 

菜の花に多く含まれるβ-カロテンは、こうした活性酸素にも効果を発揮する、強い抗酸化作用持っています。

 

また、β-カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚の粘膜を形成するのを助け、粘膜を健康に保つ働きがあるので、肌の角質化や乾燥を防ぐなど、美肌にも貢献します。

 

さらに、菜の花はビタミンCの含有量も野菜類トップクラス。ビタミンCもコラーゲンの生成やメラニン色素の生成抑制など美肌・美白において必要不可欠な存在です。

 

この季節にしか楽しめない旬の野菜、菜の花は味覚ではもちろん、美容の面でも素晴らしい野菜です。ぜひこの時期にたくさん食べたいですね!

 

今日は手軽にできて、おつまみにも大人気の一品をご紹介します。

 

 

山田_菜の花

 

 

 

菜の花とイカのサラダ

 

材料(作りやすい分量)

菜の花 ……………………1束
イカ…………………………1杯
マヨネーズ…………大さじ6
わさび………………小さじ2
レモン汁…………………適量

 

作り方

①菜の花はゆでてから食べやすい長さに切る。
②イカはさばいてから長さを4等分に切り、格子に切り込みを入れて幅2センチに切る。
さっと霜降りにする。
③マヨネーズにわさび、レモン汁を加えて混ぜ、菜の花とイカを和える。

 

 

 

NEWS

山田玲子『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』

山田玲子先生の最新刊、『NY発! サラダBOWLレシピ~野菜と雑穀でヘルシー! 』(大和書房)が好評発売中です。

スムージー、ジャーサラダ、次はこれ! いまNYで大人気の雑穀ワンプレートサラダが日本上陸。 BOWL(ボウル)はリーフ野菜をベースに、キヌアや麦、玄米などの雑穀、ココナッツやチアシードなどのスーパーフードや豆類などを自由に組み合わせた、ワンプレートサラダのこと。流行に敏感なNYでは、このBOWLを扱うサラダ店が急増中。今回のレシピ本では、NYスタイルのBOWLを日本の家庭向けにアレンジ。日本で手軽に手に入る食材を使いつつも、和洋中などジャンルを問わず、おいしさと栄養価の高い組み合わせで、おいしくヘルシーなBOWLレシピをご紹介。

 

 

山田玲子公式HP http://www.reiko-cooking.com/

シェア ツイート LINEで送る
第30回
春の味覚「菜の花」でアンチエイジング!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top