豆腐料理の基本の「き」 豆腐の切り方


素材を選ばない柔軟さと和・洋・中すべての料理に変身できる多様性。コレステロール値の低下、老化防止、更年期症状の軽減、美容やダイエットにもいいなど、豆腐はまるでスーパーマンのような存在。奈良時代から長い長い間日本人に愛され続けてきた豆腐を、先人の知恵に感謝しつつ、おいしくいただきましょう!

 

今回は豆腐の切り方をご紹介します。手のひらの上で豆腐を切る光景をよく見かけますが、まな板の上で切るほうが確実にきれいに切れます。やわらかいのでスッと手早く包丁を入れましょう。

 

 

豆腐ステーキ向き

厚みを半分に切る

豆腐の切り方 厚み半分

豆腐の厚みの半分に包丁をねかせて当て、反対の手で豆腐の上を軽く押さえます。そのまま、まな板に平行に包丁を進めて2 枚に切ります。

 

 

 

みそ汁、スープ麻婆豆腐向き

角切りにする

豆腐の切り方 角切り

厚みを半分に切り、縦横等間隔に包丁を入れて四角形に切り分けます。1㎝角の立方体に切るのは「さいの目切り」。厚みを3 等分にし、縦横に切っていきます。

 

 

 

冷ややっこ・煮やっこ向き

やっこに切る

豆腐の切り方 やっこ

豆腐を大ぶりの四角形に切ること。1 丁を6 等分に切るのが一般的。豆腐の大きさによって、4 等分の場合も。江戸時代に武家に仕えた奉公人「奴(やっこ)」の半はんてん纏の紋に由来。

シェア ツイート LINEで送る
第6回
豆腐料理の基本の「き」 豆腐の切り方

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top