OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

伊勢エビに、いすみ豚など驚きの食材! 千葉いすみ市へ美食のショートトリップ

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。美食食材の一つ伊勢海老の漁獲高トップという千葉県いすみ市。ここは、房総半島の南東部、いわゆる外房にあって、海流がぶつかりあう栄養分たっぷりの海とのどかな田園地帯の両方から豊富な食材が調達できます。そんないすみ市で、注目の若手料理人のイベント「いすみCLUB RED RESTAURANT」が開催され、美食の新たな可能性に刺激を受けて来ました。

 

 

まずCRUB REDとは、35歳未満の若き料理人が参加する日本最大級のコンペティションRES U-35(RYORININ’S EMERGING DREAM)で1次審査を通過した料理人が歴代審査員と共に料理人たちの交流や発信の場となる活動を進めるというもの。今回は、いすみ市の若手料理人たちといすみ市の食材を活かしたオリジナルメニューを開発、「いすみCLUB RED RESTAURAT」として6店舗が参加して2017年9月16日〜9月30日にクリエイティブなメニューを提供しました。

 

私は、そんなプロジェクトの中の1日イベント「いすみ CRUB RED RESTAURANT Special」に参加。7名のシェフによる創意工夫されたメニューといすみ市の豊かな食材に驚かされました。

 

 

うかがったのは、いすみ市地元のイタリアンレストラン「trattoria GIFT」。こちらの川上豊シェフに加えてCRUB RED審査員で関西のイタリア料理界を牽引する「ポンテベッキオ」の山根大助シェフとCRUB REDの5人のシェフたち:高木和也シェフ「Calie(東京)」、田中友幸シェフ「割烹金剛(青森)」、濱多雄太シェフ「hamadaya LABO(高山)」、半田雄大シェフ「トラットリア葡萄屋(東京)」、藤崎亮平シェフ「SALVATORE CUOMO(東京)」という顔ぶれ。

 

 

いよいよ、その日のお料理をご紹介。

<前の記事

<前の記事
第61回/憧れの青い温泉 アイスランドのブルーラグーンへ…

次の記事>

次の記事>
第63回/全米一予約が取れないレストランのシェフ、アリス・ウォータースさんが起こす 次なる革命とは?…

この連載の最新記事

東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

第105回/東南アジアの穴場、ビンタン島は大人から子供まで楽しめるリゾート

直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

第104回/直行便で行けるアメリカ北西部の街ポートランドで 、ワインとSakeを味わう

シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

第103回/シンガポールの5ツ星ホテルで、国際ビジネスマンな気分

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル