OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/149243/

スパとピエール・エルメ・パリのアフタヌーンティー 京都で過ごす贅沢な時間

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

OurAgeインタビュー/人生がちょっと変わるような「気づきの旅」を届けたいはこちら

記事一覧を見る

こんにちは小野アムスデン道子です。ことのほか暑かった今年の夏に京都を訪れました。市内でひと時の涼を感じさせる鴨川のほとりに立つ「ザ・リッツ・カールトン京都」。贅沢なスパとアフタヌーンティーのコラボレーションプランをご紹介します。

 

関西で大学時代を過ごした方ならデートで歩いた思い出が懐かしいような鴨川。鴨川の畔の土地は古くは平安貴族が別邸を建てた地で、「ザ・リッツ・カールトン京都」のある場所も明治時代に日本の近代化を担った藤田財閥の創業者、藤田男爵の邸宅だったところです。川のせせらぎを思わせるアプローチは、素敵な非日常への入り口。深い緑も感じさせる佇まいが素敵です。

この「ザ・リッツ・カールトン京都」のスパは、デイスパとして立ち寄りでも利用することができます。なかでも英国の高級スパブランド「ESPA」のプロダクトを使ったスパと「ピエール・エルメ・パリ」のスイーツが楽しめるアフヌーンティーをコラボレーションしたプランは、とても贅沢かつお得。

 

組み合わせるスパによって3つのコースがあり、ハンド&フットトリートメント30分の「琴」は13,000円、「(すべて価格は税・サ別)、ボティトリートメント75分の「凛」は20,000円、ボディ&ファイシャルトリートメント100分の「舞」は29,000円です。

 

スパの営業時間は8:00〜22:00で、ザ・ロビーラウンジでいただくアフタヌーンティーの営業時間が、月曜〜金曜は11:00〜17:00(L.O.)、土日祝は12:00〜17:00(L.O.)。なので、朝からスパでリラックスの後にお茶をするのがおすすめです。

 

私は、「凛」のコースを選び、スパで寛いだ後でゆっくりとアフヌーンティーを楽しむことにしました。スパ受付でのコンサルテーションの後、トリートメントのお部屋へのアプローチが幽玄な感じでまた素敵です。

 

とてもゆったりした造りのトリートメント室にシャワーやトイレもあって、お着替えもここで。

ガウンを羽織って、老廃物を流し、代謝を高めるディトキシファイング・バスオイルのお湯で足を温めながら、ローズヒップシード、ジャスミン、イランイランのスクラブを使ってフットトリートメントをしてもらいます。グレープフルーツやサイプレイス、ジェニパの香りでとてもいい気持ち。

ボティトリートメントは、香りの癒しも心地よいアロマセラピーマッサージか、凝りや筋肉の疲れによいディープマッスルマッサージのどちらかを選ぶことができます。私は、寛いでESPAの香りを楽しみたかったので、前者で。

とにかくリラックスしたい、エネルギーを高めたいなど、目的や施術の時間帯なども考慮して、6種類のアロマオイルの中からセラピストがチョイスしてくれた2つの香りを試して、好きなアロマオイルを選びます。

 

ユーカリやラベンダー、ティーツリーなど爽やかな香りで体調を整え抵抗力を高めるという「レジスタンス」と、フットケアにも使った代謝を促す「ディトキシファイング」とで迷ったのですが、フットマッサージの時の香りが気に入ったので、後者で施術してもらうことにしました。

 

PCやスマホを使う時間の長い私は、肩や首を念入りにお願いしましたが、丁寧な背骨の両側や肩甲骨のマッサージが首にも効いたように思います。

「ESPAの担当者が英国から来てトレーニングも受けるという」セラピストの柴田さん。アドバイスは優しく、トリートメントは力強く、すっかり寛ぎました。

 

次ページに続きます。

スパの後は、テラス席には滝が流れ、木を使った和と現代アートの空間が素敵な「ザ・ロビーラウンジ」で、「ピエール・エルメ・パリ」のスイーツも登場するアフタヌ—ンティーの時間です。2種類選べるお茶やコーヒーの選択肢が多くて迷います。フランスのブランド「マリアージュ フレール」のお茶もよいけれど、人気が高いと聞いたザ・リッツ・カールトン京都のシグニチャーのダージリンティーとグリーンティーをチョイスしました。

3段トレーの最下段にはセイボリー(甘くない間食)が5種類も。写真では、先にセイボリーを食べたので、中段・下段が2人分のスイーツになっています。

セイボリーは、夏野菜のデニッシュやフォアグラパルフェ、スモークサーモンとアボガドディップのロールサンドイッチなど、バラエティに富んでいて食べ応えあり。

そして、「ピエール・エルメ・パリ」のパティスリーから。上段にはスコーン、中段にはパッションフルーツビスキュイの酸味とチーズが抜群のコンビネーションの「エモーション サティーヌ」やカラメル風味が濃厚な「タルト マホガニ」など、「ピエール・エルメ・パリ」らしいスイーツのシンフォニーという感じ。最後にソルベやショコラも出て来ます。

 

朝からスパとアフタヌーンティーでゆっくりと3時間以上の贅沢な時間。街歩きも楽しいけれど、このまったりとラグジュアリーな寛ぎもまた京都らしい過ごし方だと思いました。

 

ザ・リッツ・カールトン京都 https://www.ritzcarlton-kyoto.jp

<前の記事

<前の記事
第80回/名曲『モルダウ』の調べを思い浮かべながら 、アートに触れるチェコの旅…

次の記事>

次の記事>
第82回/直行便でさくっとメルボルン 、11月には女子度満開の競馬レースも…

この連載の最新記事

世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

第118回/世界一幸福な国からも学ぶ、STAY HOME 自粛生活の楽しみ方

STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

第117回/STAY HOME のセルフケアのヒント :メディカルリゾート「ザ・ファーム」からの便り

STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

第116回/STAY HOME な今、思いをはせたいホテルの香りストーリー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル