50代のストレッチ⑭脚の疲労やむくみを防ぐ「下腿三頭筋」のストレッチ


老化を遅らせるカギは、関節や筋肉の柔軟性を保つことであることを学びました。そして関節や筋肉に効くストレッチを順次、ご紹介してきました。最終回の今回は、脚の疲労やむくみを防ぐ下腿三頭筋のストレッチを伝授します。

 

 

 

 

ふくらはぎ浅層部の筋肉を伸ばす

腓腹筋(ひふくきん)

ふくらはぎの浅層部にあるのが腓腹筋。硬くなると疲労がたまったり、むくんだりするのでよく伸ばして。

 

 

体が硬い人は

かかとを床につけたまま壁を押す

両手のひらを壁につけ、右脚を前、左脚を後ろに開きます。左つま先を前に向けて、かかとを床につけたまま両手で壁を押し、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

 

 

体が柔らかめの人は

腰を上げて左膝を伸ばす

床に膝立ちをし、両手を床につき、腰を高く上げます。右膝を軽く曲げ、左のかかとをしっかり床につけて膝を伸ばし、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

次ページで、ヒラメ筋のストレッチを実践!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第14回
50代のストレッチ⑭脚の疲労やむくみを防ぐ「下腿三頭筋」のストレッチ


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top