OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/153579/

50代のストレッチ⑭脚の疲労やむくみを防ぐ「下腿三頭筋」のストレッチ

老化を遅らせるカギは、関節や筋肉の柔軟性を保つことであることを学びました。そして関節や筋肉に効くストレッチを順次、ご紹介してきました。最終回の今回は、脚の疲労やむくみを防ぐ下腿三頭筋のストレッチを伝授します。

 

 

 

 

ふくらはぎ浅層部の筋肉を伸ばす

腓腹筋(ひふくきん)

ふくらはぎの浅層部にあるのが腓腹筋。硬くなると疲労がたまったり、むくんだりするのでよく伸ばして。

 

 

体が硬い人は

かかとを床につけたまま壁を押す

両手のひらを壁につけ、右脚を前、左脚を後ろに開きます。左つま先を前に向けて、かかとを床につけたまま両手で壁を押し、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

 

 

体が柔らかめの人は

腰を上げて左膝を伸ばす

床に膝立ちをし、両手を床につき、腰を高く上げます。右膝を軽く曲げ、左のかかとをしっかり床につけて膝を伸ばし、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

次ページで、ヒラメ筋のストレッチを実践!

ふくらはぎ深層部の筋肉を伸ばす

ヒラメ筋

ふくらはぎの腓腹筋に覆われているのがヒラメ筋。こちらもよく伸ばせば脚の疲労やむくみの予防に。

 

 

体が硬い人は

左かかとを床につけ、

胸で左膝を押すように前傾

左膝を立て、両手は前に出して床につけます。左のかかとを床にしっかりつけたまま、胸で左膝を押すようにして前傾し、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

 

体が柔らかめの人は

椅子に左脚をのせ、

左膝に体重をかけてキープ

椅子の前に立ち、足裏をかかとの手前くらいまで座面にのせ、両手で椅子の背を持ちます。左膝に体重をかけ、息を吐きながら20~30秒キープ。左右各2~3回

 

いかがでしたか? 自分の硬かった関節や筋肉のストレッチを実践して、柔軟性をキープしましょう!

 

 

撮影/横山翔平(t.cube) ヘア&メイク/木村三喜 モデル/国本 綾
スタイリスト/程野祐子 構成・原文/和田美穂

MyAge購入バナー(正)

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第13回/50代のストレッチ⑬前ももを伸ばして脚の疲労を防ぐ「大腿四頭筋」のストレッチ…

この連載の最新記事

50代のストレッチ⑭脚の疲労やむくみを防ぐ「下腿三頭筋」のストレッチ

第14回/50代のストレッチ⑭脚の疲労やむくみを防ぐ「下腿三頭筋」のストレッチ

50代のストレッチ⑬前ももを伸ばして脚の疲労を防ぐ「大腿四頭筋」のストレッチ

第13回/50代のストレッチ⑬前ももを伸ばして脚の疲労を防ぐ「大腿四頭筋」のストレッチ

50代のストレッチ⑫骨盤後傾を改善し、歩きやすい脚に「ハムストリング」のストレッチ

第12回/50代のストレッチ⑫骨盤後傾を改善し、歩きやすい脚に「ハムストリング」のストレッチ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル