OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/karada_genki/180447/

乳腺科へ、いざ出陣/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

おでかけ女史組メンバー。都内在住の50代。2019年5月に乳がんと診断される。放射線治療、ホルモン治療を受けながら仕事を続けている。

記事一覧を見る
乳がんの疑いが消えない

 

「乳房 先端 血」

 

そんなワードを片っ端から入れてインターネットで調べたところ、出てくるサイトに書いてある言葉はどれも「乳がん」。

 

あれこれ探しまくっても、それ以外の可能性もあるみたいだけど・・・でもやっぱり乳がんの疑いが濃厚みたいな気がする。

「乳腺症」とか「乳管内乳頭腫」とかいろんな病名も出てくるものの、一度頭に浮かんだ疑惑は消えません。不安だけが募ります。

実は、若い頃、ごく初期の子宮頸がんの手術をした経験があります。

そのおかげで、がんにいきなり突発的になるものではなく、細胞の変形が進んでいくとがん化するという知識はありました。

 

つまり、これがもしがんじゃなかったとしても、もしかしてこの先がんになる可能性だってあるんじゃない?

 

そう思った私は意を決して病院を受診することにしたのですが・・・ある問題が。

 

何科を受診したらいいの?

 

無知で恥ずかしいのですが、今まで私は女性特有の病気は全て婦人科で見てもらえるものだと思っていました。

なんの疑問も持たずに、近所の病院でよさそうな「婦人科」を探し始めた私は衝撃の事実を知ったのです。

 

「乳がんは婦人科の病気ではない」

 

乳がんは外科の病気なので、なんと受診するのは外科!

 

正しくは乳腺外科を受診します。

乳腺外科が独立している病院もあるようですが、独立していない場合は外科の中に乳腺担当の医師が対応する、という流れなんだそうです。

 

人生これだけ生きてきて今更知る事実・・・・(私だけ?)

 

あらためて近所の大学病院に乳腺科を見つけた私は、不安満載の状態にジャッジメントを受けるべく意を決して出かけたのでした。

<前の記事

<前の記事
第2回/え、胸から出血してる?!/50代。乳がんサバイバーになりました。…

次の記事>

次の記事>
第4回/受診、即検査ってまずくない⁈/50代。乳がんサバイバーになりました。…

この連載の最新記事

乳がんの発見から手術、放射線治療まで。約1年の道のりは(まとめ②治療編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

第23回/乳がんの発見から手術、放射線治療まで。約1年の道のりは(まとめ②治療編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

乳がんの治療費はどのぐらい?(まとめ①費用編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

第22回/乳がんの治療費はどのぐらい?(まとめ①費用編)/50代。乳がんサバイバーになりました。

岡江久美子さんの件に思うこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

第21回/岡江久美子さんの件に思うこと/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル