先輩教えて! クリアな脳の保ち方③ 見城美枝子さん

プロフィール写真

MyAge/OurAge編集
「チーム健活」 メンバー
南の島のビーチで読書、が至福のとき。
よく遊び、よく寝る、のが病気知らずのモト。
ストイックにならずに健康でいる方法を模索中。

ミーナです。今回は、ラジオ、テレビはもちろん、大学教授、エッセイストとしてマルチに活躍されている、見城美枝子さんにお伺いしました。大学に入り直したのは、何と47歳の時だそう。何事もチャレンジが、秘訣かもしれませんね。

 

 

 

10年、20年後もクリアな脳でいるための

脳活の秘訣とは?

 

 

 

明晰な頭脳とバイタリティあふれる生き方。第一線で長く活躍を続ける先輩たちにこそ、聞いてみたいのは脳活の秘訣。

 

そこで、さまざまな分野で幅広く活躍を続ける4人の先輩方に、それぞれの脳活について教えていただきました。

 

アンケートから伺える、前向きな生き方や発想を見習って、10年後も20年後もクリアな脳を目指しましょう!

 

 

 

今回ご紹介するのは、エッセイスト、大学教授として活躍している、見城美枝子さんの脳活です。

 

 

 

 

 

見城美枝子さん Mieko Kenjo

C 見城美枝子さん_Web用

profile

 

1946年生まれ。エッセイスト、青森大学社会学部教授。TBSにてアナウンサーとして活動後、フリーとなり、レポーターや評論家として活躍。現在「大沢悠里のゆうゆうワイド」(TBSラジオ)で水曜日パートナーを務める

 

 

 

 

あきらめること、思い続けることのバランスを保ちつつ
新たにチャレンジする気持ちも忘れずに!

 

 

 

1968年にTBSへ入社後、アナウンサーとしてキャリアを積み、独立後もテレビやラジオで活躍を続ける見城さん。さまざまな省庁の審議会委員を務め、現在は青森大学社会学部教授としても奮闘中です。

 

そんな見城さんが50代を目前にして挑戦したのが、学生として勉強し直すこと。47歳で早稲田大学大学院理工学研究科に入学し、修士課程修了後、同博士課程の単位を取得。年齢を言い訳にせず、挑戦し続ける気持ちこそ脳を元気に保つ秘訣だといいます。

 

 

 

Enquête

 

 

●平均的な起床時間と就寝時間は?

 

起床は7時、就寝は0~1時頃。

 

 

●毎日欠かさずに行っていることは?

 

ウォーキング、柔軟体操。

 

 

●脳の衰えを意識しはじめた時期ときっかけは?

 

65歳頃から、一瞬、的確な言葉が出てこないように。その後、暗記力が少し衰えたかもしれません。

 

 

●脳の衰え防止に取り入れた対処方法は?

 

ボイストレーニング、鍼灸、ヨガ。毎月、歌舞伎やコンサート、映画を鑑賞しています。また、一人でチェロを聴くこと。チェロ(弦楽器)のうねりが頭の中の曇りやくすみを一掃し、透明感に包まれます。

 

 

●脳を元気に保つために最も大切だと思うことは?

 

あきらめること、思い続けることのバランスを保つこと。また上質、本物を体感すること。歌舞伎や演劇、書籍をじっくり味わうこと。

 

 

●MyAge世代に向けて、心身ともに元気で充実した50代、60代を送るためのアドバイスを!

 

まだまだ若いです。これからもチャレンジする気持ちを大切にしていきましょう。

 

 

 

 

次回、最終回の4人目の先輩は、スタイリストとして活躍している、青木節子さんです。

 

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第7回
先輩教えて! クリアな脳の保ち方③ 見城美枝子さん


OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top