「がんには前向きでいることが特効薬です」/國松雅子さん


「10人に1人」がなるのも時間の問題といわれるほど、いまや乳がんは身近な病気。しかし事前の知識があれば、きっと対処できるはずです。今回からは実際に乳がんになった女性たちにお話を伺いました。

まず最初はパティシエの國松雅子さん。オリジナルのオーダーケーキで人気の工房をたった一人で切り盛りする國松さん。明るくハッピーなのはケーキだけじゃなくご本人のキャラも! 病気をみじんも感じさせない彼女のポジティブさ、それが何よりの薬なのかもしれません。

 

 

 

 

がんに負けない秘策が
勝手に集まってくる!
前向きでいることが特効薬です

知っておきたい乳がん 國松雅子さん

國松雅子さん

Masako Kunimatsu

1964年生まれ。パティシエ

 

 

泣いている場合じゃない!
なんとか工房を守らなきゃ!

 

「46歳の時、献血をしたことがきっかけで、わずか0·6㎜の胸のしこりが見つかり、悪性だとわかって切除。それから毎年、病院には定期的に通っていたのに、検査をせず、問診しか受けていないことに気づいたのはだいぶたってからのことなんですよ!

 

去年、5年の節目だからと検査をしてもらうと、何も見つからない。でも、自分的にはなんだかいや〜な感じが残ったんです。そのうち胸にできた痛くもかゆくもない小さな突起物が気になり、自分から精密検査を望みました。そこで乳がんと診断されたんです。ステージ3b〜4の浸潤がんとのことでした。

 

医師からは『手術か抗がん剤か、どっちを先にしますか?』なんて言われて。そんなのわかるわけないじゃないですか。どちらにしても、私は一人きりで工房を切り盛りしているので、動けなくて仕事を休むような治療は避けたい。ショックで泣きながらも、今後のことで頭がいっぱいでしたよ。

 

セカンドオピニオンでも、やはり抗がん剤で小さくしてから手術をしたほうがいいとのことだったので、『もう、いざとなったら工房をたたむしかないか!』という勢いで、抗がん剤治療をスタートしました。週に1度2時間の点滴です。副作用がひどいと聞いていたので、具合が悪くなるんだろうと覚悟していたけど、待てど暮らせど体調は悪くならない。仕事もできちゃう。ただ、1カ月で髪の毛がごっそり抜けてきました。でも、それもスカーフやストールを巻けばOKで、仕事はまったく休むこともありませんでした。

知っておきたい乳がん 國松雅子さん スカーフ

抗がん剤治療の副作用で髪が抜けていた間も、いつもおしゃれな國松さん。

 

 

そして1クール終了後のMRI検査では、90%のがんが見えなくなっていたのです! 次の抗がん剤も予定されていたはずが中止になり、あとは3カ月待ちで摘出手術をするだけの状態に。

知っておきたい乳がん 國松雅子さん ショート

髪の毛が抜け始めた頃、ショートにした記念に撮ってもらった写真

 

 

 

國松さんは食生活にも気をつけるようになったそう。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top