知っていればさらに華やぐ シャンパーニュの世界

プロフィール写真

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、旅の楽しみ方を中心としたフリーランス・ライターへ。

旅と食や文化、アートなどライフスタイルについての執筆や編集、翻訳多数。

日本旅行作家協会会員。

こんにちは小野アムスデン道子です。自称泡ニストですが、グラスに立ち上る泡にハレな感じが沸くスパークリングワインの中でも、シャンパーニュはまた格別。この「シャンパーニュ」というのは、シャンパーニュ地方で造られるワインだけが名乗れる原産地呼称(AOC)なのです。その中で、クリュ(村)やパーセル(区画)といった生産の場の違い、味や色、ヴィンテージ(グレード)、アッサンブラージュ(複数のワインの混合)などによって、実はものすごくたくさんの種類があります。さらに、“乾杯のお酒”のイメージのあるシャンパーニュですが、さらに前菜からデザートまでお料理に合わせて選び、贅沢に楽しむこともできます。

小野アムスデン道子

シャンパーニュの有名なメゾンが集まるエペルネには、シャンパーニュ委員会の本部があり、委員会の交付する業者番号がなければシャンパーニュを醸造することができません。なので、シャンパーニュのメーカーはすべて会員になっており、会員数はなんと約5,000。

そのシャンパーニュ委員会日本支局開催のブラインドティスティングディナーで、6銘柄のシャンパーニュをいただいて、お料理とのマリーアジュについて学んで来ました。講師はフレンチの名店銀座レカンの元シェフソムリエで、日本初のワインテイスターとしてご活躍の大越基裕氏。さて、自称泡ニストというシャンパーニュ好きの私のテイスティングやいかに。

小野アムスデン道子

小野アムスデン道子

会場は、南青山「プレブナンスPrévenance」。まず全部で7品のアペリティフから。手前は鉄板の雲丹とキャビアタルト、ワカサギは透けるようなジャガイモで巻かれ、真ん中にはサボキャベツチップなどが鉢植えのように盛りつけられて洒落ています。最初のシャンパーニュは、私には優雅で柔らかなスタートに思えました。シャンパーニュの銘柄は最後にオープンということで、講師からは「カリッとした食感の揚げ物などは、泡と合わせやすい料理。脂肪と酸の相性がよいのです。キャビアを先に食べて、タルトレットのイーストの感じとシャンパンを楽しむというのもいいですね」とマリアージュについてのコメント。

小野アムスデン道子

シャンパーニュはそのままで、アミューズはくぬぎ鱒のタルタルを二十日大根がきれいに彩る一品。シャンパーニュについては、柑橘系から春の花のような香りということで、その辺りが優雅な感じを醸しているような。

 

シェア ツイート LINEで送る
第43回
知っていればさらに華やぐ シャンパーニュの世界

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top