OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/exercise-stretch/270306/

肋骨の脇をフォームローラーでほぐす筋膜リリース<背中の痛みを改善③>【動画あり】

背中へのアプローチの前に、フォームローラーを使って肋骨の脇をほぐして動きやすくしていきます。

 

背中よりも先に、体の前側を楽に動かせるようにリリース

背中が張る、反ると痛い、深呼吸すると痛い、胸を張ると痛い、痛くて姿勢を保っていられない…などの訴え。原因は長時間の同じ姿勢、過緊張や歪みが多いのですが、これは肩こり・首こりと同じ筋膜リリース法でも改善できます。

 

むしろ猫背や巻き肩などの屈曲によって、肋骨や背骨が硬くなり、前側の筋肉が縮まってしまうほうが困りもの。正しい呼吸やよい姿勢をとれるように、まず体の前側にアプローチすることから始めます。(トレーナー酒井大輔さん)

 

 

フォームローラーで肋骨の脇をほぐす

呼吸と姿勢のために、さらに肋骨をほぐして動きやすく! 背中にはまだアプローチしていませんが、このあたりで少し楽になってくるはずです。

●ほぐしエリア

肋骨の脇のほぐしエリア

ターゲットは体の側面の肋骨。胸の脇からウエストまで、骨を触って確かめてみましょう。ローラーが当たる面積は限られますが、リリース効果は広範囲に及びます

 

●ゆっくりと左右各4往復ローリング

ゆっくりローリング

ブラトップ¥7,500/ルルレモン レギンス¥10,450/アイロックス(ONZIE)

 

胸の下を目安にローラーをセットしてローリング。下側の手は伸ばし、もう片方の手を床について体を動かす要領で各4往復

 

●肋骨に押し当てたまま、左右各4回ズリ圧

肋骨に押し当てたまま、ズリ圧

ローリングに続き、ローラーを肋骨に押し当てたまま、横にズリズリとずらしてズリ圧を各4回かけます。小さい動きですが、これによって筋膜がよりほぐれます。反対側も同様に

 

 

 

 

※下のリンクから基本の動きの記事を見ることができます

 

■ローリングやキープの基本の方法はコチラから

 

■圧をかけたまま動きをプラスする方法はコチラから

 

 

教えていただいたのは

酒井大輔さん 全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)

酒井大輔さん
Daisuke Sakai

1974年生まれ。全米アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA-ATC)。数々のスポーツチームのサポート、10年間の船橋整形外科病院勤務を経て、現在は地域密着型のコンディショニングスタジオ「船橋オルトベース」主宰。イオンスポーツクラブのスタッフ育成などにも従事。

ホームページはコチラから

 

 

撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/三浦真淑 モデル/SOGYON スタイリスト/鈴木由里香 監修/酒井大輔(船橋オルトベース) 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第20回/背中の痛みをローラーで解消!<背中の痛みを筋膜リリースで改善②>【動画あり】…

次の記事>

次の記事>
第22回/連結ボールで肩甲骨まわりをほぐす筋膜リリース<背中の痛みを改善④>【動画あり】…

この連載の最新記事

足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

第28回/足の裏と腸腰筋をボールでほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善③>【動画あり】

ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

第27回/ボールでふくらはぎをほぐす筋膜リリース<膝・股関節の痛みを改善②>【動画あり】

膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

第26回/膝と股関節痛は同じ筋膜リリースで改善できる。まずは太ももほぐしを<膝・股関節の痛みを改善①>【動画あり】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル