OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/195477/

乳がんになって、仕事、周囲はこんなふうに変わりました/50代。乳がんサバイバーになりました。

hijiri

hijiri

おでかけ女史組メンバー。都内在住の50代。2019年5月に乳がんと診断される。放射線治療、ホルモン治療を受けながら仕事を続けている。

記事一覧を見る

乳がんになったら生活はどうなるの?

 

ここまで色々乳がんや手術などについて私の体験を書いてきましたが、皆さんの中には、乳がんになったら生活がどんなふうに変わるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

術後は普通に生活できるの?

食事は?

仕事は?

周囲の反応は?

友達にどう伝えたの?

エトセトラエトセトラ・・・・。

 

今回はこの辺についてお答えしてみようと思います。

そこまでは変わらないものの

 

まずは術後の日常生活について。

 

術前とほとんど変わらなかったです。

 

傷が完全にふさがるまではお風呂が禁止なので湯船好きの自分としてはかなり我慢しましたが、傷さえくっつけばシャワーなどは想像以上に早く解禁になるのでそこまで苦痛ではありませんでした。

 

ただ、傷がふさがってからもピリピリしたような痛みはしばらく残ります。これは神経が遅れてくっつくためだそうで、そういう意味ではまだまだどこか不安感は残っていて、すっかり左胸をかばう癖がついてしましました。

 

胸の見た目はそこまで(この時点では)変わりませんでしたが、微妙にトップの位置がずれました。片方だけサイズ感も変わったので、下着も最初悩みました。今は小さくなった方をパットで調整したりしています。

 

全摘ではないので、いわゆる乳がん用の下着ではなく普通の商品でも大丈夫ですが、傷の違和感もあってほぼ全部肌触りの良いものに買い換えました。この辺りは妊娠中とほぼ同じような感じだと思うので、経験のある方はその時のことを思い出して参考にするといいと思います。

 

食事は、こちらも傷さえ塞がればアルコールも解禁、我慢はなかったですね。

 

ただ、体力が落ちたのか一時やたら甘いものが欲しくなったのには少し驚きました。普段あまり欲しない方だったので不思議でしたが、がんは糖質をエネルギーにするらしいのでその影響もあるのでしょうか?

 

運動できないし太ってしまうのも怖い、でも体力も戻さないと、ということで、割と食事の内容には悩みましたし、ストレスにならないよう気をつけていました。

あと当然ながら(?)アルコール耐性ががっくり落ちてしまい、そこまで欲しなくもなったので、飲みが中心のイベントなどはあまり参加しなくなったことは変化かもしれません。

公表するのかしないか

 

がんと告知されて、周囲に公表するかしないかはとても悩むことだと思います。

 

私はオフィシャルでもプライペートでも公表してしまっていますが、その後「実は私もなの」「俺もサバイバーなんだ」と言われることが多く、公表していない方も一定数いることを知りました。

 

私の場合、性格もあるのでしょうが、当初からオープンにすることに決めていました。

 

この先10年も付き合う病気なのだから、マイナス面も知っておいてもらわないと生活に影響しそうだなと思ったことが大きな理由です。

 

しかし、当初はやはり(いい意味で)職場でも公表していいのかと心配されたことも事実です。

特に男性には“乳がん”というワードのインパクトが大きいようで、パワハラを心配されたり、長期療養も視野に入れることも勧められました。

 

公表すると、病院に通う予定の調整などがしやすいのはメリットです。でもやはりどこか心配されてしまうのは事実で、全く変化なしとはいかないことは学びました。職場によっては病気が出世などの足かせになることはあるかもしれません。はっきりいってケースバイケースで判断するしかないように思います。そういう意味では、下着の話にも書きましたが、妊娠がわかった時と反応が近いので(特に男性は)、それを念頭に判断するといいかもしれませんね。

 

また、会社の制度はできる限り生かすといいと思います。私は、現在所属している企業がフレックス制度を採用しており在宅勤務も選べたので、自宅療養期間を在宅勤務にしてもらうことで仕事への影響を最小限で済ませることができたので気が楽でした。もともとslackなどのチャットツールを多用している環境だったことも有利に働いたと思います。

 

けれども、やっぱり状況が見えないための勘違いや誤解も増えがちなので、コミュニケーションには気をつけて即レス即反応を徹底し、同僚としっかり意思疎通ができているか、勘違いして進めている作業はないかなどには常に気をつけたものの、やはり細かなトラブルはありました。また、在宅だとアウトプットがしっかりできていないと評価はされにくいですから、気がついたことはできる限り提案や企画に落とし込んで共有するようにも気を付けました。

 

プライペートのつきあいの場合、少し距離を置かれたと感じることは正直あります。声かけや連絡も減って正直かなり寂しく感じていました。一方で、会うたびに大丈夫?と訊かれることがちょっと苦痛だった時もありました。

 

また、がんという言葉の強さもあったのだと思いますが、自宅療養期間をベッドで過ごしていると思っている方も多くて、普通に過ごしていると驚かれたり。

あと、一般的な病気のイメージで「いつ治るの?治ったら遊ぼうね!」という言葉も嬉しいというより答えにくくて、病気とは0と100しかない訳ではない、普通に過ごせても闘病期間の場合もあるということはあまり理解されないのだなと感じました。

 

私はなかったですが、善意で健康食品や転院、自然療法などを勧められて困ることもあるそうです。

 

実際、この療養期間にメンタルが不調になったり、無力感から鬱になる方もいらっしゃるようです。

 

私は上に書いたように仕事をしていたのである意味救われましたが、外にも出られず、かといって寝込むほどではない状態の場合、うつうつしがちになるのはわかる気がします。もし、周囲に同じような方がいたら、心配するだけでなく、何気ないおしゃべりや軽いメッセージなどで楽しい気持ちにさせてあげるのが何よりのお見舞いになると思います。

 

良い面としては、知り合いレベルの方のお誘いも減りましたし(笑)本当に心配してくれる友人の存在を改めて認識できました。病気は孤独との戦いという側面だけではなく、どうしても一人では無理なことや、迷惑をかける可能性も出てきます。信頼できる親しい方にはきちんと頼れるようにしておくことも、長い闘病生活では必要なことだと思います。

 

少なくとも私は、今までのツンデレ傾向は鳴りを潜め、いままでより格段に素直に周囲に頼ることができるようになりました。それはこの病気になったことの、数少ない、でも一番のメリットだったかもしれません。

気持ちが凹んだなと思ったら、通院の行き帰りに少し足を延ばして散歩したりするように、できる限り気を付けました。

 

綺麗な景色を見ると気持ちも晴れ晴れとしましたし、もう少しだし頑張ろうと思うこともできました。

 

ついつい引きこもり傾向になりがちですが、家にいるとメンタルがマイナスに傾きがちなので(笑)無理しない程度に動いて気晴らしすることも大事な気がします。

<前の記事

<前の記事
第13回/うわああん! 再手術に!!/50代。乳がんサバイバーになりました。…

次の記事>

次の記事>
第15回/意識があるままの手術ってシュールでした/50代。乳がんサバイバーになりました。…

この連載の最新記事

強制的な更年期障害?ホルモン剤の影響が…/50代。乳がんサバイバーになりました。

第16回/強制的な更年期障害?ホルモン剤の影響が…/50代。乳がんサバイバーになりました。

意識があるままの手術ってシュールでした/50代。乳がんサバイバーになりました。

第15回/意識があるままの手術ってシュールでした/50代。乳がんサバイバーになりました。

乳がんになって、仕事、周囲はこんなふうに変わりました/50代。乳がんサバイバーになりました。

第14回/乳がんになって、仕事、周囲はこんなふうに変わりました/50代。乳がんサバイバーになりました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル