OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/222425/

便秘改善には、大腸の入り口と出口の反射区を刺激/不調に効く「手もみ」ケア

OurAgeアンケートで特に多かった「よくある不調」別に、今回は便秘に効果のある手の反射区ケアをご紹介! 基本の「手もみ」ケアの方法はコチラから。

 

今回の話を伺った先生


市野さおりさん
Saori Ichino

看護師、英国ITEC認定リフレクソロジスト・アロマセラピスト。「コンフィアンサせき鍼灸院」でボディケアを行う。著書に『不調と美容のからだ地図』(日経BP)など

 

便秘

右手のひらの下部は大腸の入り口「回盲弁」、左手のひらの下部は大腸の出口「直腸」の反射区。便がたまりやすいこれらの部位を刺激して、動きを促します。

 

回盲弁の反射区をギュッとプッシュ!

 

右手のひらの薬指と小指の間を下りた、少し盛り上がっているところが回盲弁の反射区。ここを少し外側に向けて引くように押します

 

硬くなった直腸をもみほぐして!

 

直腸は左手の薬指と小指の間を下りたところ。便秘症の人はここにジョリジョリとした塊があります。これをつぶすようにほぐして

 

 

撮影/フルフォード海 構成・原文/山村浩子

 

 

<前の記事

<前の記事
第9回/睡眠障害を改善!「手もみ」ケアで体内時計を整え、眠りモードに…

次の記事>

次の記事>
第11回/胃の不調の改善には、胃と背中の張りをほぐす/不調に効く「手もみ」ケア…

この連載の最新記事

むくみや頻尿には、泌尿器系や下半身リンパ節の反射区を刺激/不調に効く「手もみ」ケア

第12回/むくみや頻尿には、泌尿器系や下半身リンパ節の反射区を刺激/不調に効く「手もみ」ケア

胃の不調の改善には、胃と背中の張りをほぐす/不調に効く「手もみ」ケア

第11回/胃の不調の改善には、胃と背中の張りをほぐす/不調に効く「手もみ」ケア

便秘改善には、大腸の入り口と出口の反射区を刺激/不調に効く「手もみ」ケア

第10回/便秘改善には、大腸の入り口と出口の反射区を刺激/不調に効く「手もみ」ケア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル