OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/227743/

【チェックテスト付き】50代の3人に1人が固いものを思い切り噛めない⁉歯を支える「歯の土台」ケアがオーラルケアの新常識に

「新しい生活様式」を明るく前向きに送るための、読んでトクする新連載。今回は、オーラルケアの新課題「噛む力」を維持するためのケア方法についてです。

最近、噛みづらいなと思う食材が出てきたり、固いものを思い切り噛めなかったり、ということはありませんか?実は、50代から噛む力が急速に下がるという驚きの調査結果もあるんです!

 

噛む力が落ちると柔らかい食べ物を選ぶようになり、それが食欲の低下や低栄養につながって筋力が低下し、ゆくゆくは全身の状態が悪化する原因になりかねないんだとか。そこで、噛む力が落ちてしまう原因を知り、今からできることを学ぶべくセミナーに参加しました!

 

今回登壇されたのは、鶴見大学歯学部教授の花田信弘先生(左)と、宝田歯科医院院長の宝田恭子先生(右)。

 

 

「日本人は、80歳で20本の歯を残そうという“8020運動”は目標より前倒しで達成できています。その一方で、厚生労働省が掲げた、“60代で咀嚼に支障がある人の割合を20%まで減少させる”という目標は、達成できていません」と花田先生。つまり、しっかり噛める人の割合が目標より少ない、ということなんだそう。歯を残すだけではなく、きちんと噛めるかが大事で、これは健康寿命を左右するのだとか。

 

この噛む力を維持するにはどうしたらいいのでしょうか?そのカギとなるのが、「歯の土台」。歯の土台は、歯ぐきとその奥にある骨(歯槽骨)などの歯周組織で構成されています。

 

 

「歯の土台は肌などと同様に新陳代謝が繰り返されています」と花田先生。歯槽骨が定期的に壊されて新しく作り変えられることで、歯をしっかり支えることができるんですね。ところが、歯周病になり炎症が広がると、歯槽骨の新陳代謝のバランスが崩れて歯の土台が弱り、噛む力が低下してしまうことに……。

 

50代は歯の土台危機が急増!

 

さらにショッキングな事実も。「歯がぐらついたり、抜け落ちるリスクがある歯の土台の状態を指す“歯の土台危機”は、50代で急増します」と宝田先生。ライオンが40~70代の400名に調査をしたところ、40代の現状リスク大の人が15.0%なのに対し、50代になると35.0%に。一気に倍以上もの人が現状リスク大になってしまうとは…。

 

 

「私の歯の土台は大丈夫?」と心配になった方は、宝田先生考案のチェックリストでチェックしてみましょう。現在の症状から土台危機へのリスクを判定する「症状編」と、生活習慣から歯の土台の今後の悪化リスクを判定する「生活習慣編」の2つのテストで、今と将来のリスクがわかります!

 

【1】症状編~症状から「歯の土台危機」への現状リスク度をチェック~

 

☑歯ぐきが下がってきた(歯が長く伸びてきた)

☑歯並びが悪くなってきた

☑歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなってきた

☑固いものを食べる時に、思わず歯をかばってしまうことがある

 

〈判定〉

  • 現状リスク度「小」(チェックが0個)

気になる症状がまったくないので、今は歯の土台の「現状リスク度」は大きくありません。

 

  • 現状リスク度「中」(チェックが1~2個)

歯の土台が弱り始めている可能性があるので、気を付けて。

 

  • 現状リスク度「大」(チェックが3~4個)

歯の土台が弱り、歯を支える力が低下していて、歯が抜ける可能性が高い状態。

 

 

【2】生活習慣編~生活習慣から「歯の土台」の今後の悪化リスク度をチェック

 

☑甘いものなど間食をよくする

☑ダラダラ飲んだり食べ続けることが多い

☑晩酌・寝酒をよくする

☑食後にウトウトしてしまう

☑野菜は嫌い、あまり食べない

☑あまり噛まずに食べる、早食いだ

☑長時間スマホを見ている

☑睡眠不足だ

 

〈判定〉

  • 悪化リスク度小(チェックが0個)

今のところは将来悪化する危険はあまりないので、今の生活習慣を続けて。

 

  • 悪化リスク度中(チェックが1~3個)

今が大丈夫だとしても、将来、歯の土台が弱る可能性があるので注意を。

 

  • 悪化リスク度大(チェックが4~8個)

将来歯の土台が弱る可能性が高いので、生活習慣を見直しましょう。

 

 

しっかりケアをすれば歯の土台の状態も変わります

 

 

チェックリストの結果がよくなかったとしても、今から歯の土台ケアを意識することで状態を変えられます。早速、どんなケアをしたらいいのか見ていきましょう。

 

 

◆穀類すりつぶし食事法

 

姿勢を正し、固めに炊いた白米や玄米一口分を口に入れたら、できるだけゆっくり、30回程度すりつぶすようにして噛んで食べます。この時、背筋をピンと伸ばし、一度箸を置くくらい時間をかけましょう。

 

◆宝田式歯磨き法

 

歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛先を斜めに当て、毛先を意識して小刻みに動かしながら1~2本ずつ磨いていきます。ポイントは少しだけ口を閉じて磨くこと。そうすることで、歯ブラシが頬や舌に押されず磨きやすくなります。磨き終わったら舌でチェックしてざらついていたら磨き直しを。ツルツルだったらOKです!

 

 

◆宝田式歯ぐきマッサージ法

 

歯ぐきと唇の折り返し位置と、歯と歯の間の歯肉を、中心に向かって指でなぞるようにしてマッサージ。これを重点的にやると、総ヘモグロビン量と組織への酸素量がグンとアップし、健康的な歯ぐきに。

 

 

「きちんとケアを頑張れば、70歳でも歯と歯の土台をいい状態に保つことができます」と宝田先生。こちらのケアに加えて、自分では取ることができない歯石除去をしてもらうなど、歯医者さんでのプロケアを定期的に受けることが大切なのだそう。

 

歯そのものだけでなく、歯の土台も意識することが、これからのオーラルケアの新常識になりそうですね。ついやってしまいがちなダラダラ飲食などに気をつけつつ、しっかりケアをして、口の中から健康を意識していきましょう!

 

◆資料提供/歯の土台ケア広報事務局

 

取材・文/倉澤真由美

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第26回/骨折リスクを下げコロナ禍を乗り切るカギは「ビタミンD」。日々上手に摂るには?…

次の記事>

次の記事>
第28回/新型コロナ&インフルエンザの同時流行に備える!石原新菜先生がしている免疫対策とは?…

この連載の最新記事

コロナ禍で約6割の人がよく眠れていない⁉免疫力アップを目指す良い睡眠の取り方とは?

第36回/コロナ禍で約6割の人がよく眠れていない⁉免疫力アップを目指す良い睡眠の取り方とは?

【チェックリスト付き】コロナ禍の負担は目にも!?「涙液トラブル」を防ごう

第35回/【チェックリスト付き】コロナ禍の負担は目にも!?「涙液トラブル」を防ごう

「骨貯金」で老化予防!今すぐ始められる3つの習慣!そしがや大蔵クリニック院長に聞く

第34回/「骨貯金」で老化予防!今すぐ始められる3つの習慣!そしがや大蔵クリニック院長に聞く

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル