OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/karada_genki/more/229510/

肺が弱っている人は吐く力が弱まっている! 呼吸法で感染症にかかりにくい体に

新型コロナやインフルエンザに代表される感染症。かかりにくくするために出来る呼吸法のポイントと、喫煙によるリスクとは何かを紹介します。

 

奥仲哲弥さん
Tetsuya Okunaka

呼吸器外科医。医学博士。山王病院副院長・呼吸器センター長。国際医療福祉大学医学部呼吸器外科教授。専門は肺がん治療で、呼吸法や呼吸筋ストレッチなどの普及にも尽力。著書に『医者が教える 肺年齢が若返る呼吸術』(学研プラス)

 

 

呼吸法を変えれば、感染症にかかりにくくなる!

 

肺には筋肉がなく、肩からお腹にかけて点在する、20種類以上もの「呼吸筋」の働きで呼吸をしています。その代表が横隔膜。ここをしっかり使って呼吸をすることが重要だと、奥仲哲弥先生。

 

「一番のポイントは、まず“しっかりと息を吐ききること”です。呼吸というと、吸うことを考えがちですが、文字を見てもわかるように、呼気(吐くこと)が先決です。吐ききれば、吸うのは、意識しなくても入ってきます」

 

椅子に座ってリラックスした姿勢をとり、口角を横に広げ、口から息をゆっくりと10~15秒かけて吐ききります。吐ききったところで、さらにもうひと吐きします。次にゆっくりと5~6秒かけて、鼻から息を吸い込みます。

 

「肺の機能が低下している人は、吐く力が弱まっているので、これを強化することで、肺を隅々まで使った深い呼吸ができるようになります。この呼吸法を一日数回行なってみましょう」

 

 

 

喫煙者は新型コロナに感染すると重症化しやすい!

 

「長年タバコを吸っている人の肺は、つねに気管支炎にかかっている状態です。ここに新型コロナウイルスの感染が加わると、炎症が進むことでサイトカインストームが起きやすくなります」

 

サイトカインとは、免疫細胞がウイルスと戦うために発生する物質。炎症が進むと、これが暴走(ストーム)を起こして自分自身の細胞まで傷つけ、血栓ができやすくなります。

 

心筋梗塞、肺塞栓、脳梗塞などを起こす可能性が高まり、この現象が新型コロナの多くの死因ともいわれています。

 

「喫煙により慢性閉塞性肺疾患(COPD)になっている人は肺の機能が著しく低下していますし、一日に何回もタバコをくわえる行為自体、接触感染のリスクが高まるので、これも問題です」

 

 

イラスト/Marcus Oakley(CWC TOKYO) 取材・原文/山村浩子

 

 

今すぐチェック!

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

衣類の「ワンランク上の清潔衛生」を目指すなら! 漂白剤を使わない手はありません

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/【チェックリスト付き】あなたの肺のお疲れ度は?…

この連載の最新記事

肺が弱っている人は吐く力が弱まっている! 呼吸法で感染症にかかりにくい体に

第6回/肺が弱っている人は吐く力が弱まっている! 呼吸法で感染症にかかりにくい体に

【チェックリスト付き】あなたの肺のお疲れ度は?

第5回/【チェックリスト付き】あなたの肺のお疲れ度は?

感染症の原因となる「細菌」と「ウイルス」って何が違うの?

第4回/感染症の原因となる「細菌」と「ウイルス」って何が違うの?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル