OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/152233/

更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!④/樫出恒代:「肝」の不調とは② 「舌」から自分で「肝」の不調を診る

樫出恒代さん

樫出恒代さん

漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。東京・銀座の漢方カウンセリングルームKaon代表。新潟薬科大学薬学部卒。OurAgeの連載コラムが評判

漢方の診察では、「舌」を診る「舌診」が欠かせません。ここでは舌診の重要性とポイントを知っておくとともに、更年期に不調を感じる女性に多い「肝熱」の舌の様子をご紹介します。

 

漢方は、ドクターまかせではなく、自分でも整える
自分を診るには、まずは「舌」から

 

舌には体の状態が面白いように記されている

 

更年期のさまざまな症状を解消するには、まず自分を知ることから。
「自分の現状を知る簡単な方法は、舌を見ること。舌には、その人の体調が面白いように映し出されています。毎
日、鏡の前で舌をチェックする習慣をつけましょう」と樫出さん。

舌を見るポイントは色、形、苔(こけ)のつき具合。多くの更年期女性が陥っている肝熱と腎虚も、舌にその特徴が表れています。

「今回ご紹介するのは肝熱と腎虚の舌の例。舌の状態は十人十色ですが、自分に近いものをチェックしてみて」

 

漢方薬を飲んだり、生活を正して養生すると、舌の色、形、苔の様子がしだいに変わっていきます。

「健康で若々しい舌は、薄紅色で滑らかな形で、苔が偏りなく薄く生えています。そんな舌を目指して」

 

 

舌のここを見る!

 

薄紅色が漢方でいうところの中庸で、バランスのとれた状態。肝熱に陥っていると赤みが強く、腎虚だとグレーっぽい

 

長さや幅、厚み、側面が波打っていないかを診ます。肝タイプ(肝熱)は大きく丸みがあって厚く、腎タイプ(腎虚)は薄くて細い形

 

日本人は舌の粘膜が薄く、刺激に弱いため苔がつきやすい。つき方、色で体調がわかる。苔は基本的に取ってはいけません

 

<肝熱の舌の例>

 

舌裏怒張タイプ

舌裏怒張タイプ_イラスト

舌裏怒張タイプ_写真

 

【特徴】

舌の裏側の静脈2本が太く

くっきり浮き出ている

縦に走る静脈が太くて2本が近寄っているほど、血液がドロドロになる瘀血(おけつ)の可能性大。不調の大きな原因は血流の悪さにあり。

 

【起こりやすい更年期症状】

肩コリ、腰痛などがあり

目の下のくまやシミができやすい

痛みに弱く、肩コリ、首コリ、腰痛に悩まされがち。手足は冷えるのに顔や頭はボーッとする冷えのぼせになりやすい。あざが消えにくいことも。

 

【漢方薬の例】

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・田七人参(でんしちにんじん)

桂枝茯苓丸は滞った「血」の巡りをよくする漢方薬。田七人参は中性脂肪やコレステロールを分解し、血液をサラサラにして血流を改善。

 

 

次ページに続きます。

両脇が赤いタイプ

両脇が赤い_イラスト

両脇が赤い_写真

 

【特徴】

両脇が赤く
舌に厚みがある

高血圧で血流が悪くなりがちな肝熱の典型的な舌。舌の両脇が鮮やかな濃いめの赤色。肝熱の舌は総じて厚みがあり、大きめ。

 

【起こりやすい更年期症状】

イライラしやすく
のぼせ、ほてりなどの症状も

ストレスをためやすく、イライラしがちで、のぼ
せやすい。不眠に悩まされることも。

 

【漢方薬の例】

・加味逍遙散
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

加味逍遙散は「血」の不足を補い、自律神経を整える漢方薬。黄連解毒湯はのぼせを抑え、イライラを落ち着かせて、不眠を改善。

 

 

苔が黄色いタイプ

苔が黄色_イラスト

苔が黄色_イラスト

 

【特徴】

両脇が赤く
苔の色が黄色っぽい

肝熱の特徴である両脇の赤みと厚みのある舌に加え、苔が黄色っぽいのは、体に熱がこもった状態を表しています。

 

 

【起こりやすい更年期症状】

胃腸が弱く食欲がない

胃腸が弱り、食欲がなく、食べても消化不良に。周囲の出来事に敏感になり、気にしたり、怖がったりするように。

 

【漢方薬の例】

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
・抑肝散(よくかんさん)

柴胡加竜骨牡蛎湯は落ち込んだり不安になったりするのをケア。抑肝散は神経の高ぶりを抑えてうつうつとした気分を解消。

 

 

形が波々タイプ

形が波々_イラスト

形が波々_写真

【特徴】

舌のまわりが赤く
側面が波打っている

舌のまわりが赤く、厚みがある肝熱タイプで、側面が波打っているのは、漢方でいう水毒の状態。体に余分な水がたまっています。

 

 

【起こりやすい更年期症状】

アレルギー症状が出やすく
神経質になりがち

花粉症、鼻炎などのアレルギー症状を起こしやすい。物事に神経質になりやすい。自分を出さず、息が詰まりがち。

 

【漢方薬の例】

・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
・クマザサエキス

柴胡桂枝乾姜湯は冷えを改善し、神経過敏をケア。クマザサエキスは抗菌作用に優れ、アレルギー症状を抑えて免疫力をアップ。

 

 

 

撮影/鈴木康久(千代田スタジオ) イラスト/内藤しなこ 構成・原文/小田ユイコ

 

<前の記事

<前の記事
第3回/更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!③/樫出恒代:「肝」の不調とは①自分でわかるチェックシート&「肝熱」注意点…

次の記事>

次の記事>
第5回/更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑤/樫出恒代:「腎」の不調とは①自分でわかるチェックシート&「腎虚」注意点…

この連載の最新記事

更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑧/南雲久美子:漢方とは生活を正すこと(後編)不調を知る漢方ダイアリーをつけてみる、ほか

第8回/更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑧/南雲久美子:漢方とは生活を正すこと(後編)不調を知る漢方ダイアリーをつけてみる、ほか

更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑦/南雲久美子:漢方とは生活を正すこと(前編)”冷え”こそ無謀!今すぐ対処

第7回/更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑦/南雲久美子:漢方とは生活を正すこと(前編)”冷え”こそ無謀!今すぐ対処

更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑥/樫出恒代:「腎」の不調とは② 「舌」から自分で「腎」の不調を診る

第6回/更年期世代こそ、漢方の知恵を取り入れよう!⑥/樫出恒代:「腎」の不調とは② 「舌」から自分で「腎」の不調を診る

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル