Part 1/更年期前の人が抱く 素朴な疑問&不安に答えます!


知識を持って、ポジティブに向き合ったもの勝ち!

正しく知りたい「更年期」

 

「更年期って何?」「私って更年期なの?」「このつらさ、いつまで続くの?」etc。40代、50代といっても年齢によって、また人によって、更年期についての知識や、現れる症状にはかなり差があります。

 

ホルモンのバランスがくずれることで、実は誰にでも来る更年期は、不調の感じ方や症状の程度に差こそあれ、私たちの体に大きな影響を及ぼします。今と将来の自分の健康を考えるために、ここでしっかりと更年期のこと、学んでみませんか?

 

 

 

 

 

Part1

まだ更年期世代に入っていない人も必読!

更年期前の漠然とした不安を解消します!

 

 

そろそろ更年期かなと予感している人、症状が重いとイヤだな…と心配していませんか? 今のうちに正しい知識を持っておけば、心の負担が減って余裕が生まれるはず。人生の先輩の体験談や、医師の解説をぜひ参考に!

 

一般的に、更年期は45~55歳の間といわれていますが、実際にやってくる時期は人それぞれ。これから何が起こるんだろう…と心配なあなたへ、知っておけば安心、な知識をお伝えします。

 

 

 

 

更年期前の人が抱く

素朴な疑問&不安に答えます!

 

そろそろ更年期…そんな女性が抱く疑問や不安について、5つの疑問や不安を、気軽に受診できると評判の二人の女医に聞きました。

 

まずは正しく知ることが、更年期を前向きに過ごす第一歩!

 

 

 

 

今井理恵さん Rie Imai

myage_010_044-今井理恵さん

1960年生まれ。日本産科婦人科学会専門医。港町診療所勤務。

子宮筋腫、子宮内膜症の保存的療法、更年期障害、月経前症候群、

思春期トラブルなど、的確で温かな治療に定評

 

 

 

松村圭子さん Keiko Matsumura

myage_010_044-松村圭子さん

1969年生まれ。日本産科婦人科学会専門医。成城松村クリニック院長。

女性の悩みに寄り添うドクターとして、著書多数。

近著に『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)

 

 

 

 

 

Question 01

最近月経がまばらなんですが…
閉経はどんなふうにやってくるの?

 

 

Answer

月経周期が短くなったり長くなったり、
いくつかパターンはありますが十人十色です。

 

「閉経の仕方は人それぞれです。一般的には、月経周期が乱れてくることから始まります。最も多いケースでは、閉経が平均の50歳としたら、46~47歳から月経周期に変化が表れます。28日周期だった人が25日になったり、逆に30日、35日と長くなったり。やがて2カ月ないなど、月経がとぶように。医師の診断では、月経の停止が12カ月以上続くと閉経と定義されています。

 

しかしながら、これは典型であり、これに当てはまらない人もいます。中にはある日突然ぷっつりなくなったり、1年以上なかったのに、また始まるというケースも。この場合は、病気による不正出血と混同しないように、医師に相談したほうがいいでしょう」(今井先生)

 

 

 

 

Question 02

同い年の友達は閉経したのに、私はまだみたい。

閉経が早い、遅いの差は何で決まるの?

 

 

Answer

明確な原因はわかっていませんが、
生活習慣が関係する可能性も。

 

「閉経年齢は個人差が大きく、早いと45歳、遅い人だと55歳で月経のある人がいます。出産経験がないと閉経が早いのでは? と聞かれますが、それは関係ありません。もともとの卵子の数は200万~300万個。10歳で初潮を迎え、毎月の排卵で、1年で12個×40年=480個。元の数を考えたら、閉経に影響があるとは考えられません」(今井先生)。

 

「卵巣が活性酸素によるダメージを受ける生活を長く続けていると閉経に影響しそうです。喫煙、不規則な生活、栄養の偏りなど。なかでも喫煙者は閉経が早い傾向があるようです」(松村先生)

 

 

 

 

Question 03

更年期がつらい人も楽な人もいて不思議。

その差は何で決まるの?

 

 

Answer

個人の更年期の受け止め方、
性格や生活環境が関係しそうです。

 

「性格や環境要因も関係します。ネガティブ思考でストレスをためやすい人、子どもに関する悩みや親の介護などがある人。更年期で自律神経が不安定なところにこうしたつらさが重なると、イライラしたり、うつっぽくなったり、不眠などの症状が現れやすくなります。生真面目な性格の人は、疲労感などから、今までできていたことが100%できない状態に落ち込むことも。更年期やその症状をどう受け止めるかも大事です。人生の転換期と前向きにとらえる気持ちが大切かもしれませんね」(松村先生)

 

 

 

次ページへ続きます!

 

シェア ツイート LINEで送る
第9回
Part 1/更年期前の人が抱く 素朴な疑問&不安に答えます!

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top