HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/feminine-bladder-care/269468/

性交痛など膣萎縮の症状には膣への「炭酸ガスレーザー」が効果的!最先端フェムケア医療

レーザー医療でのケアも進んでいる最先端フェムゾーン医療。いったいどんなものがあるのでしょうか? 産婦人科医の丹羽咲江先生に伺いました。

 

レーザー
性交痛などの腟萎縮の症状が出ている人にはこちらを!

更年期世代の腟萎縮などには、レーザー系の機器。レーザーの中でも「炭酸ガスレーザー」が効果的といわれています。

 

クリニックによって使用している機器が違うため治療名は異なり、喜田直江先生のクリニックでは、「フェムタッチ」、丹羽咲江先生のクリニックでは「モナリザタッチ」と呼ばれています。

 

「炭酸ガスレーザーを腟壁や外陰部に照射し刺激することで、腟粘膜の線維芽細胞を活性化して新たなコラーゲン生成を促していきます。その結果、弾力がなくなり、薄くペラペラになっている腟壁に厚みと潤いを取り戻していきます。

 

腟がふっくらして締まりもよくなり、弾力や潤いも取り戻せるので、腟萎縮の進行をくい止めることができます。ハイフに比べると少し違和感はありますが、痛みはほぼ感じません。

 

ただし、施術後3日間は性交渉を控えていただきます。1回で実感する人も少なくありません」(丹羽咲江先生)

 

 

フェムタッチ

「フェムタッチ」は腟表面に当てることも。内部に深めにアプローチしたときは、性交渉は施術後10日目から

 

 

お話を伺ったのは

丹羽咲江さん 咲江レディスクリニック院長

丹羽咲江さん
Sakie Niwa
咲江レディスクリニック院長

産婦人科医。1991年名古屋市立大学医学部卒業。日本産婦人科学会専門医、日本性科学会幹事。性科学者。2002年開院。性交痛などの相談、治療、フェムゾーンケアの情報発信を積極的にしている

 

喜田直江さん なおえビューティークリニック院長

喜田直江さん
Naoe Kida
なおえビューティークリニック院長

医学博士。2001年に京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術症例を経験。形成外科医として多くの女性が悩みを抱える婦人科形成の専門クリニックを2011年に開院

 

 

撮影/ケビン・チャン 構成・原文/安藤由美

 

他にも「膣ケア・膣ほぐしの情報」を公開中です!

■あなたは大丈夫? 更年期のフェムゾーン不調をチェック

更年期になると体のさまざまな部分の潤いが低下することから、フェムゾーンに悩みを抱える人が増えて……

■フェムゾーンの乾燥やヒリヒリに悩んでいます。【専門女医が回答】

誰にも言えなかった、聞けなかったフェムゾーンの悩みに、医学博士の喜田直江先生が……

■毎日入浴しているのにフェムゾーンから嫌なニオイが…。

毎日入浴しているのに、トイレに入るとフェムゾーンから嫌なニオイを感じるように。どうしたら改善……

 

今すぐチェック!

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

ゆらぎ期世代の女性をサポートする理想的なビタミンCの取り入れ方とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第8回/膣ハイフ治療にはクリニックの「超音波系治療」で膣壁の弾力アップ!最先端フェムケア医療…

次の記事>

次の記事>
第10回/ペルビッグトレーナーで骨盤底筋トレーニング!クリニックでできる最先端フェムケア医療…

この連載の最新記事

デリケートなフェムゾーンケアのためのおすすめアイテム/植物療法士・森田敦子さん(後)

第18回/デリケートなフェムゾーンケアのためのおすすめアイテム/植物療法士・森田敦子さん(後)

フェムゾーンケアはpHバランスを保つ洗浄と保湿が大切/植物療法士・森田敦子さん(前)

第17回/フェムゾーンケアはpHバランスを保つ洗浄と保湿が大切/植物療法士・森田敦子さん(前)

セルフのフェムケア!グッズがそろう専門店「LOVE PIECE CLUB ラフォーレ原宿店」

第16回/セルフのフェムケア!グッズがそろう専門店「LOVE PIECE CLUB ラフォーレ原宿店」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル