OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/kounenki_no_chie/menopause/242125/

【チェックリスト付き】あなたの不調、更年期のせいでは?/閉経前後の不調の仕組みをおさらい①

日ごろ感じているさまざまな不調、もしかしたら更年期のせいかも。 症状が起こるのはどうしてなのか知っておけば、ケアのヒントになります。

 

お話を伺ったのは

八田真理子さん 産婦人科医

八田真理子さん
Mariko Hatta

産婦人科医。1990年、聖マリアンナ医科大学医学部卒業。順天堂大学、千葉大学、松戸市立病院を経て、98年、千葉県松戸市で女性のためのクリニック「ジュノ・ヴェスタクリニック八田」を開業。幅広い世代の女性の診療を行い、クリニックはいつも女性でいっぱい。著書に『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム)など。

 

ホームページはコチラ

 

ホルモンの揺らぎを知れば対処できる!
閉経前後の不調、仕組みをおさらい

症状が起こっている原因を知るだけで改善する人も

女性ホルモンが減りはじめる時期、思いもよらない不調や、自分には無縁だと思っていた症状や病気に見舞われることがあります。これはなぜ?

 

「エストロゲンが減ったことによる直接の症状もありますが、自律神経のバランスがくずれて起こる症状のほうが目立ちますね。ホットフラッシュがそのひとつですが、自律神経は全身の司令塔なので、誤作動を起こすとさまざまな機能の調節がうまくできなくなってしまうんです。

 

生活を変えて、自律神経が整うだけで改善することもあります。また、不調の有無はその方の気質や今の環境にも大きく作用されやすいので、何か悩みを抱えている人は不調が現れやすいですね」(八田真理子先生)

 

プレート・フレーム/サラグレース

プレート・フレーム/サラグレース

 

 

その不調、更年期のせいでは? 〜閉経前後に起こる症状はこんなにいろいろ〜 疲れ目・かすみ目・ドライアイ ドライマウス ドライノーズ 肩こり・首こり 皮膚の乾燥 皮膚のかゆみ 湿疹・かぶれ 抜け毛・薄毛 疲れやすさ・だるさ・倦怠感 やる気が出ない・無気力 睡眠障害(不眠・中途覚醒など) イライラ・怒りっぽい

不安感・焦燥感 もの忘れ・記憶力低下 うつ気分・気分の落ち込み 多汗 ホットフラッシュ ほてり・のぼせ・冷えのぼせ 冷え むくみ 喉の詰まり感 動悸・息切れ 胸の苦しさ 頭痛・片頭痛・頭が重い めまい・浮遊感・ふわふわ感 耳鳴り・耳閉感 背中痛・腰痛

四十肩・五十肩 関節痛 手の震え 腕や足のしびれ 手指のこわばり 手指の変形 胃もたれ・胃痛 下痢・便秘・お腹の張り 太る一方・痩せる一方 尿もれ・頻尿 腟の乾燥感 デリケートゾーンのかゆみ・ヒリヒリ感 性交痛 乳房の張り・痛み 持病の悪化

 

 

カメラ&スタイリスト/中山ユカリ 構成・原文/蓮見則子

 

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第6回/「更年期症状は病気じゃないから保険診療にならない」ウソ、ホント?/「閉経」と「更年期」勘違いあるある③…

次の記事>

次の記事>
第8回/更年期、全身の司令塔である自律神経が誤作動を起こしている!?/閉経前後の不調の仕組みをおさらい②…

この連載の最新記事

どうつき合う? 閉経前後の子宮筋腫/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない③

第16回/どうつき合う? 閉経前後の子宮筋腫/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない③

更年期世代が気を付けたい病気リスト/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない②

第15回/更年期世代が気を付けたい病気リスト/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない②

40歳を過ぎたら受けるべき検診は?/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない①

第14回/40歳を過ぎたら受けるべき検診は?/閉経前後にかかりやすい病気を見逃さない①

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル