HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/fifty-year-old-neighbor/272310/

一番効果があったダイエット法は何ですか?(読者の声を集めた「隣の50歳」㊶)

ギリコ

ギリコ

夜にものすごい強風が吹いた翌日、散歩に出たら、小さな鳥の巣が落ちていました。中は空でしたが、見事なお椀型をしたとてもきれいな形の巣。自然が為したこととはいえ、その巣を作った鳥をとても気の毒に思いました

記事一覧を見る

こんにちは、ギリコです!

OurAge読者の声を集めた連載「隣の50歳」

 

今回きいてみたのは「一番効果があったダイエット法」です。

 

「半身浴で汗を大量にかく」「揚げ物や甘いものをひかえる」「酒量を減らす」といったオーソドックスなものから、「恋をする」「美人でスタイルのよい友人をつくる」「精神的なストレスを減らす。それまで食べることでストレスを発散していたのがやめられた」「食べたものを写真に撮っておく。〝私ってこんなにたくさん食べてるんだ〟と自覚してからは、食事を節制できるように」「読者モデルに応募し、自分を追い込む」「食事の前にコップ一杯の水を飲むことで、ドカ食いしなくなった」のように、なるほどと思う方法も寄せられました。

 

 

さぁ、それでは結果発表です。

気になる結果はいかに!

 

じゃじゃ~~んッ

 

1位「運動する」

175票

「ウォーキング。一日一万歩以上歩く日を週に2、3日はもうける」(53歳・専業主婦)、「ジョギングとその後の半身浴」(40歳・公務員)、「ジムに週4日か5日通い、マシントレーニングと有酸素運動をバランスよく行う」(52歳・会社員)、「ヨガ。気の合うパーソナルトレーナーに習っている。宿題を出されるのでそれをコツコツ家でやっていたら、気づけば体型が変わっていた」(43歳・専業主婦)、「就寝前のストレッチ。あとは買い物に行くときは歩く、などを続けていたら自然と痩せることができた」(57歳・パート・アルバイト)、「リングフィットアドベンチャーとウォーキング。リングフィットアドベンチャーはさまざまな部位を鍛えることができるし、やっていて楽しいので続けられます」(44歳・会社員)、「筋トレ(緊張)とマッサージ(緩める)、ストレッチ(整える)を偏りなく行う」(56歳・会社員)、「ジムに入会すること。入会金、月会費を無駄にしたくないという気持ちから真面目に運動に取り組める」(40歳・その他)、「毎日の筋トレ、ストレッチ、筋膜リリース」(44歳・会社員)

 

 

2位「食事の内容を変えたり、食べ方に気をつける

154票

 

「朝食を酵素ドリンクに変える」(57歳・会社員)、「パンやパスタなどの小麦粉製品を控える。一ヶ月続けただけで、体重がすごく減っておどろいた」(50歳・専業主婦)、「ごはんはおかゆにして満腹感を得やすくする。2ヶ月で3キロ減った」(45歳・専業主婦)、「朝食はしっかり食べ、かわりに夕食は少なめにし、寝る前には絶対食べ物を口にしない」(52歳・会社員)、「一日のうち一食をバターコーヒーに置き換える」(46歳・会社員)、「野菜から食べ、ゆっくり噛み、食材を味わいながら食べる」(59歳・専業主婦)、「お豆腐をたくさん食べる。ヘルシーで腹持ちがよいので効果が実感できる」(46歳・自営業)、「晩ご飯を豆腐と野菜サラダと納豆だけにしたら、一ヶ月で5キロ減った」(51歳・自営業)、「納豆を三食食べる。お通じもよくなり、自然と体重が減りました」(53歳・会社員)、「糖質制限。炭水化物を摂るのをやめ、食べるのは朝は豆腐の味噌汁、海藻サラダ、納豆、キムチ、ヨーグルト。昼は鶏の胸肉とブロッコリー、キノコを入れたオニオングラタンスープ。夜ごはんは鍋。この食生活で5キロ以上減量できました」(54歳・会社員)、「青汁を食事の30分前に飲んでおく。これで18キロも減りました」(45歳・パート・アルバイト)

 

3位「プチ断食

54票

「16時間断食。朝食はヨーグルトやナッツなどほんの少しだけにし、昼食はベジタブルファーストでゆっくりよく噛みながら食べる。その後16時間断食する。体が軽くなります」(46歳、パート・アルバイト)、「月曜断食。本を購入して実践したところ、昨年秋から9キロ落ちました。現在は2キロ戻っていますが、体重が減った分体が軽くなりました」(58歳・専業主婦)、「ゆる断食。24時間のうち16時間は何も食べない。例えば夕食を20時までにとったら、翌日は朝は食べず、昼食は好きなものを食べる。そのあと20時までに食べたい物を小分けにして食べる。この方式で腹部周りの数字が改善、体重も減り、BMI値もいい数字に」(53歳・公務員)、「朝ごはんを食べたら、昼食をなるべく遅くとり、そのあとは夜ごはんを食べず、翌朝まで水分をとりながら断食する。体重が減ってきています」(57歳・パート・アルバイト)

4位が「レコーディング(食べたものや体重を記録する)」で43票、5位が「夜〇時以降は食べない」で22票でした。

 

「隣の50歳」、今回はここまでですがいかがでしたか?

 

コメントを読んでいて驚いたのは、ダイエット成功者の多さ。もちろん「一度成功したが、そのあと気が緩み、リバウンド。もとの体重にもどってしまった」という方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方が結果を維持しているようなのです。読んでいて感じたのは、OurAge世代ともなると自分の体質や性格がわかってきているので、自分に合ったダイエット法、無理なく続けられるダイエット法を見つけるのが若い頃より上手になっているということ。また若い頃と違い、体重を落とすだけが目的ではなく、筋肉を維持しながら健康的に痩せることを目指している方が多いということでした。

 

実は、かくいうギリコも去年の夏からダイエット中です。

 

最初は一ヶ月で一気に4キロ減量し(そのときのことを「無印の冷や汁」と「ぐー〇〇〇」で1ヶ月4Kg減量。50代私の超ゆるいダイエット法に書きましたので、お読みいただければうれしいです!)、その後もゆるゆると続けています。が、階段を上ったりするのが、以前より随分とラクにできるようになりました。

 

まだまだ寒い日が続きます。

どうぞあたたかくしてお過ごしくださいね。

*******************

OurAge会員にご登録いただかなくても「隣の50歳」に「コメント投稿」ができるようになりました。

(記事の下に「コメント」というところがあります)

「隣の50歳」は読者のみなさんの声でつくられています。

記事を読んでふと思ったことや、「自分の場合は○○です!」などお題に対することなど、気軽にあなたの声をお寄せください。

******************

OurAgeでは毎月アンケート付のプレゼントを実施しています。

今回ご紹介した読者のみなさんの〝本音〟もこのアンケートからご紹介しています。

あなたも素敵なプレゼントに応募しつつ本音を寄せてみませんか?

応募には会員登録(登録料無料)が必要です。

↓下から会員登録できますよ。

OurAgeについて

イラスト/すぎうらゆう

今すぐチェック!

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

40、50代女性の美容と健康に欠かせないビタミンC。噂の医師監修サプリメントが頼れる理由

PR
<前の記事

<前の記事
第40回/〝パートナーと円満に暮らすためのコツは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㊵)…

次の記事>

次の記事>
第42回/子どもだった昭和の時代、夢中でみたテレビ番組は?(読者の声を集めた「隣の50歳」㊷)…

この連載の最新記事

「昔、夢中だったアイドルは誰?」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊻)

第46回/「昔、夢中だったアイドルは誰?」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊻)

家事は妻がやって当然でたまに夫がやると賞賛される、仕事はいい加減でも上司のご機嫌とりが上手な人が出世する、美人はミスを連発してもお咎めなし「世の中は不公平だと思うこと」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊺)

第45回/家事は妻がやって当然でたまに夫がやると賞賛される、仕事はいい加減でも上司のご機嫌とりが上手な人が出世する、美人はミスを連発してもお咎めなし「世の中は不公平だと思うこと」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊺)

モノが増え続ける実家、補聴器やデイサービスを拒否する親、家でゲームばかりの息子……「私、家族で悩んでいます」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊹)

第44回/モノが増え続ける実家、補聴器やデイサービスを拒否する親、家でゲームばかりの息子……「私、家族で悩んでいます」(読者の声を集めた「隣の50歳」㊹)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル