OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/fortune-fengshui/196240/

節分は晴明神社の星祭りで新しい自分に! /京都・運トレ的パワースポット第5弾

ムーンプリンセス妃弥子

ムーンプリンセス妃弥子

西洋占星術・運勢学研究家 フォーチュン・アドバイザー

 

雑誌やwebでの占い他、朝のテレビ情報番組内での占いコーナーを担当。

幼少の頃より、天文学やギリシャ神話の世界に深い関心を抱き、実践神秘学、西洋占星術、タロットカードなどの運命学をルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事。

その後、独自の研究から「運はトレーニングすることでさらにより良いものに磨かれる」ことを確信。20年以上に渡るカウンセリング・セッションでも取り入れ、好評を得ている。

「シティリビング」「トチぺ」「PHPくらしラク~る増刊号」他、多数執筆。「あさイチ」などテレビ出演も。

 

記事一覧を見る

運が磨ける"運のトレーニング術"、「運トレ」を教えてくれるのは 京都在住の西洋占星術・運勢学研究家、フォーチュン・アドバイザーのムーンプリンセス妃弥子さん。 良い気をチャージして、運気アップできる、京都の「運トレ的パワースポット」を教えてくれます。 今回は晴明神社の節分星祭りをご紹介!!

 ★晴明(せいめい)神社の節分星祭り★
~運の汚れを清め、ピカピカの自分に出会う~

 

「鬼は外、福は内」
もうすぐ節分ですね。
豆をまいたり、柊イワシの厄除けを飾ったり。

 

立春が「四季の元旦」だった昔の暦では、2月の節分が「大晦日」。
春の節分を境目として陰の気(秋冬)から陽の気(春夏)へ。

古来、暦を司ってきた官職・陰陽道では、節分に一年の厄を落としてからでないと新たな立春を迎えることが許されませんでした。

豆まきの鬼退治は、厄払いの追儺式だったわけです。

 

陰陽道は、古代中国の「陰陽・五行思想」を源流とする学問。
森羅万象を陰と陽、そして木・火・土・金・水の5つの要素の相克で解き明かそうとする壮大な思想です。

 

それが日本にも伝わると、陰陽師によって朝廷の祭事を支える奥義として整えられていきました。

 

神社仏閣にとって節分は重要行事のひとつですが
中でも陰陽道と関わりの深い晴明神社は「節分星祭り」として祭事が行われます。

 

 

晴明神社は、平安時代に活躍した大陰陽師、

安倍晴明公がご祭神。
とても由緒ある神社です。

晴明公は星を読み、占術に秀で、式神を自由に操って鬼や邪を退けたと伝えられており、とくに晩年は陰陽師のトップとして従四位下の位を授かりました。

 

時々、ふと考えるんです。
今の時代にもし晴明公が生きていたなら‥・って。
占術界のスーパースターだったろうし、私はきっと弟子入りを懇願していたに違いない‥って。

 

安倍晴明公は
私が仕事をする上で、ずっと心の師匠にしているかたなんです。

 

2020年の正月も、早速お詣りにいきました。

 

 

晴明神社ならではの『五行みくじ』。大吉でした。今年は良いことありそう!

 

厄除けの桃も撫でてきましたよ。

 

 

陰陽道では、桃は魔除け厄除けの果物。自身の厄をこの桃に撫でつけます。

 

 

鳥居に始まり、境内のあちこちにある星のようなマークは五芒星。

『晴明桔梗』と呼ばれ、晴明神社の社紋です。

陰陽道とも関わりが深く、晴明公が用いられる祈祷呪符のひとつでもあります。

 

 

私は、お守りに五芒星が入ったピンクの玉の鈴を買いました。

鈴は厄除け、鳴らすことで、身を清め、招福、開運が得られるそう。 今年は七赤金星の年。七赤には『鈴』の象意があるので、立春から身につけるのもおすすめ。

心が清められるような美しい音がします。

弱っちい自分にサヨナラを!!  節分星祭りの夜

 

その晴明神社では2月3日午後8時、
節分星祭りが厳かに始まります。

まずは神職によるお祓い。

神社に納める身代わり人形(ひとがた)は、

1月20日頃から神社境内で授与してもらえます。

この紙に息を吹きかけ、自らの穢れを移して神前に納めます。

 

 

神社に納められた「身代わり人形(ひとがた)」と「年の数の豆」が清められます。

 

 

そして本殿で「星祭りの祝詞」があげられたのち、

神職が大きな声で叫びながら、四方に矢を放ちます。

 

 

これは「追儺の儀」といい、四方、つまりすべての方角の魔を矢で追い払う儀式。

それから人形と年豆が焚かれます。

お火焚きの赤々と燃える炎が漆黒の闇を照らす光景は荘厳かつ神秘的。

 

 

魔に打ち勝つ!

そんな力強いパワーが内から満ちてくる瞬間です。

 

こうして一人一人の汚れや厄が祓い落とされ、心身ともに清められ、
神々を祈り拝むことが赦されるようになるのですね。

翌朝、立春の太陽が昇ると「晴明井」の注ぎ口が恵方(えほう)(今年は西南西)に向けられ、

新しい年を歩む恵みが与えられます。

 

 

恵方といえば、食いしん坊な私はやっぱり「恵方巻」は欠かせません!

昨年はつい、食べながらおしゃべりしてしまったので・‥
今年は恵方に向かって願いをこめつつ、黙々と食べようと思います♪

 

霊験あらたかな晴明神社の節分星祭り。

 

運の厄だけでなく
きっと今までの自身の弱さも含めて
清めてもらえる・・・ふと、そんな思いが満ちてきます。

 

そうして
立春とともに「新しい自分」にちょっとだけ生まれ変わり、
「晴明」の字のごとく
どんな時も晴れやかで明るい心を忘れずに
空を見上げ、しっかりと歩んでいきたいと思うのです。

 

イラスト/sino

鈴守り、星祭り、晴明井 写真提供/晴明神社

★晴明神社の節分星祭り、詳しくはこちらを。

・・・・・「運トレ」次回もお楽しみに!!・・・・・・

 

<前の記事

<前の記事
第17回/凹んだ気持ちに喝! 詩仙堂で前向きな力を取り戻す /京都運トレ的パワースポット第4弾…

次の記事>

次の記事>
第19回/WITHコロナ運トレ★人生の後半を生きる者として今記したい『Never Ending Note』①…

この連載の最新記事

WITHコロナ運トレ★人生の後半を生きる者として今記したい『Never Ending Note』①

第19回/WITHコロナ運トレ★人生の後半を生きる者として今記したい『Never Ending Note』①

節分は晴明神社の星祭りで新しい自分に! /京都・運トレ的パワースポット第5弾

第18回/節分は晴明神社の星祭りで新しい自分に! /京都・運トレ的パワースポット第5弾

凹んだ気持ちに喝! 詩仙堂で前向きな力を取り戻す /京都運トレ的パワースポット第4弾

第17回/凹んだ気持ちに喝! 詩仙堂で前向きな力を取り戻す /京都運トレ的パワースポット第4弾

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル