OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/interview/224121/

偏食を克服した梶芽衣子さん秘伝の万能タレとは?(インタビュー/後編)

スレンダーなボディに、キレイな肌のすっぴんメイク。

姿勢が良くてアクティブで、とても70代とは思えない。

生まれつき? いえいえ、今ここに至るまで、試行錯誤の連続。

自分で良いと判断したものはきっちり続けて、この美貌と健康体をゲット。

どんなことをしてきたのか、具体的に根掘り葉掘り、聞いてみました!

 

(話題の映画『罪の声』について語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 取材・文/岡本麻佑

梶芽衣子さん
Profile

かじ・めいこ●1947年3月24日、東京都生まれ。モデルとしてスカウトされた後、1965年に日活映画『青い果実』で主演デビュー。日活『野良猫ロック』シリーズ、東映『女囚さそり』シリーズ、東宝『修羅雪姫』シリーズ、松竹『わるいやつら』、ATG『曾根崎心中』ほか多数の映画に出演。ドラマ『鬼平犯科帳』(1989~2016)では、密偵のおまさ役を28年間つとめる。歌手としても活躍し、『恨み節』は120万枚のセールスを記録。1973年日本有線大賞優秀賞を受賞。映画『罪の声』に続き、2021年には劇場版『きのう何食べた?』の公開も決定している。

 

 

歯ブラシ6本とニンニク醤油

 

演じてきた多くの役の上では、鋭い眼光で何かを語り、言葉数が少なく、ミステリアスな印象。だけど素顔の梶芽衣子さんは、好奇心旺盛で研究熱心、気さくで話の面白い、チャーミングな女性だ。美容や健康に関しても、博学にして実践派。

 

一番気を付けているのは、歯の健康だ。

毎晩お風呂の湯船につかりながら約20分間、歯を磨く。それも6種類の歯ブラシや歯間ブラシを使い分けながら、すべての歯の隙間まで、お掃除するとか。

歯ブラシは柔らかめのものを使い、ペーストは少なめに、力を入れずに磨くのがコツ。そして年に2回は歯科衛生士のプロの手で、歯石クリーニングをしてもらう。

 

「口の中のものって、飲み込んで身体の中に入りますから、清潔にしておく必要があるんです。46年くらい前に歯槽膿漏だと言われて、その頃は胃とか内臓の調子が悪くて、いつも体調が優れなかったの。でも口の中をキレイに掃除することを始めてからは、薬を飲まなくなりました。歯磨きのおかげで、内臓が元気になったからだと思っています」

食べるものも劇的に改善した経験があるとか。もともと食べ物の好き嫌いが激しく、お肉ばかり食べて野菜は大嫌いだった。

 

「若い頃は、お肉だけ食べていれば満足、朝からお肉、300グラムのステーキもペロリと平らげちゃうような毎日だったんです。でもある日、胆嚢の不調がわかったんです。お医者さまから『長生きしたかったら、偏食を改めようね。1回の食事の70%は野菜にしてください』って言われました。もう一生お肉は食べられないのかしらと思ったら、1日80グラムまでならいいって」

 

その時から自分の食生活について真剣に取り組んだ梶さん、まずは野菜を攻略した。

 

「生の野菜はどうしても苦手なので、温野菜です。でも加熱しすぎると栄養素が逃げてしまうから、ブロッコリーは沸騰したお湯に入れて7秒。ほうれん草も、お湯に入れたら一瞬で取り出します。お肉80グラムでお腹いっぱいになるはずないので、そういう温野菜をたっぷり食べるようになりました」

 

強い味方になったのは、お父様が教えてくれた、秘伝の万能タレ。実は梶さんのお父さまは、日本料理の料理人だったとか。

 

「簡単だからお前でもできるって、教えてくれました(笑)。

ジャムの空き瓶とか適当なビンを用意して、ニンニクを一房分、皮をむいて芽を取って半分程度に切って、ビンに入れます。そこに赤とうがらしを3本くらい入れて、あとは減塩醤油をビンの口あたりまで注ぎます。

冷蔵庫には入れないで、常温で保存。減ったら同じお醤油を足していけば、ずっと使えます。カビが生えたらアウトだけど、それまでは大丈夫。最初のうちはニンニクが浮いてくるけど、それが2週間くらいして沈んだら使い頃。

このタレは肉、魚、麺類、パスタ、チャーハン、何に使っても美味しいの。ニンニクがだんだんお醤油の色に染まっていくから、それを細かく刻んでチャーハンに入れてもいいわね。カレーやシチューに少し足すと味に深みが増すし、魚の開きに塗ってから焼くと、それだけで本当に美味しくなります。試してみて」

さらに美容に関しては、石けん洗顔、ひと筋。

 

「化粧品はいっさい使わずに、石けんで顔を洗うだけです。以前、40代だったかな、コマーシャルでその石けんメーカーの社長さんに会って話を聞いて、試してみてから、以来ずっとです。

もちろん、石けんだけに切り替えてから最初の1~2ヶ月は、肌がガビガビになって、お正月のお供え餅みたいにひび割れちゃって大変だったけれど、それを通り越したら今の肌の状態になりました。ほら、触ってみて。柔らかいでしょ?」

 

経験に裏打ちされた美容・健康のエピソードは、ずっしり重い。なにより、トライして信じて実感して続ける、そのパワーが今の梶さんを作っているのかも。

 

「あと、そうね、クヨクヨしないことね。世の中に出て働いている以上、ストレスの無い人なんていないけど。私の人生のモットーは、『媚びない・めげない・くじけない』。前を向いて歩いていけば、ちゃんと次の日は来るから(笑)」

 

 

『罪の声』

脅迫テープに使われたのは、幼き頃の自分の声だった・・・。35年前、日本中を震撼させた未解決事件の真相を追う新聞記者・阿久津英士(小栗旬)と、テーラーを営む曽根俊也(星野源)の人生が交錯するヒューマンミステリー。

10月30 日(金)より、全国東宝系にて公開

配給:東宝

監督:土井裕泰 脚本:野木亜紀子

原作:塩田武士 『罪の声』(講談社文庫)

出演:小栗旬 星野源 松重豊 古舘寛治 市川実日子 宇崎竜童 梶芽衣子ほか

©2020 映画「罪の声」製作委員会
公式サイト:https://tsuminokoe.jp/

 

 

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル