OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

実りのしつらいと秋のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る


花屋を訪れると、元気が出るようなビタミンカラーの花から、秋を感じるようなこっくりとした濃い色のものに移り変わってきています。
今回はその中から自分好みの実ものや葉を選び、秋のしつらえをしました。

 

光沢のある濃く青い実はビバーナムティヌス。
春先に白い小花が咲き、それから秋にかけ徐々に実がなる植物で、花よりもこの青い実がアレンジに使われることが多く、控えめな雰囲気が他の植物との相性もとてもよい実ものです。

 


ワレモコウは漢字で「吾亦紅」と書き、花言葉は変化、移りゆく日々、物思い・・・など秋をたっぷり感じさせる植物。
穂に小さな花が集合しており、上から下に向かって咲いていくので、その様子をじっくりと観察してみると楽しいものです。長持ちし、このままドライにもなるので、単体でシンプルに飾っても素敵です。

 


シンフォリカルポスは夏に白や薄ピンク色の花が咲き、その後たわわにまあるく白い実がつきます。
手で触ってみると少しぷにょっとした柔らかな感触で、いっぽんの枝に密集して付く実はとても可愛らしく、良いアクセントに。長いままでも短くカットしても様になり、アレンジに重宝する実です。

 


ヤマホロシの、つる性の枝に葉と実がなる姿はフラワーベースを使ったしつらえにイキイキとした動きを出してくれます。
最初は緑だった実がだんだんと赤く色づく姿はとても愛らしく、そんな移り変わりも楽しめます。

 


ガラスのベースに浅めの水を張り、それぞれの自然な姿を活かすよう、しつらえてみました。
部屋の中が一気に秋の雰囲気になり、落ち着いたスペースの完成に満足の私であります。

 

<前の記事

<前の記事
第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート…

次の記事>

次の記事>
第62回/イブピアッチェとおもてなしランチ…

この連載の最新記事

イブピアッチェとおもてなしランチ

第62回/イブピアッチェとおもてなしランチ

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル