OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

http://ourage.jp/column/life/lifestyle/225258/

贈りものの秋ブーケとスズキ料理

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

秋らしいブーケをいただきました。

こっくりと深いパープルのカーネーションは、一本ごとに微妙に色のニュアンスが違っていて、美しいグラデーションを楽しめます。

明るい色のものもいいですが、こんな風に大人っぽくシックなカーネーションもまた素敵ですよね。

白に上品なピンク色の線がうっすらと入った花はセルリア。

色もそうですがフォルムも個性的で、小さくても華やかな雰囲気を醸し出します。

花持ちが良く、このままドライにもなるのでとても人気があり、花屋で見かけると必ずお持ち帰りしてしまうくらい大好きな花です。

他にも八重のトルコキキョウや葉ものなどを組み合わせた、季節を感じるブーケをプレゼントしてもらい、ほくほくな私。

早速部屋に飾り、毎日眺めては癒されています。

花のプレゼントって本当に嬉しく、私に絶大なパワーをくれます!

 

さて、大量に釣れた立派なスズキのおすそ分けをいただきました。

まずはソテーに。

スズキに小麦粉をまぶしてオリーブオイルで皮がかりっとするまで焼き上げ、塩こしょう、タイム、白ワイン、ホワイトバルサミコ酢で味付け、仕上げにバターをとろりと溶かします。

付け合わせはグリルした蓮根とミニトマト。

身がぷりぷりで食べ応え抜群でした!

お次はスズキに片栗粉をまぶして素揚げし、玉ねぎ、人参、きゅうりなどと一緒に、ごま油、ポン酢、めんつゆなどの調味料に一晩漬け込みます。

今が旬のカボスをたっぷりと絞り、南蛮漬けのできあがり。

炊きたてごはんと一緒に食べると止まらないおいしさです。

 

ごちそうさまでした!

 

 

末森陽子

ブログ 「la fleur ラ・フルール」 http://lafleury.exblog.jp/

インスタグラム yoko_suemori

 

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第86回/ガマズミとわが家のホットプレート料理…

次の記事>

次の記事>
第88回/ミッドナイトスターと11月のつくりおき…

この連載の最新記事

葉牡丹と年始のテーブル

第92回/葉牡丹と年始のテーブル

誕生日の贈りものと12月のテーブル

第91回/誕生日の贈りものと12月のテーブル

ハーフムーンリースとバゲットオープンサンド

第90回/ハーフムーンリースとバゲットオープンサンド

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル