HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/lifestyle/297277/

落花生から落花生

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

久しぶりに全く知識のない野菜作りに着手していました。
それがこちらの、落花生!
落花生
個人的には大きな興味を持たないまま育ってきていたのですが(噛むとキュッとする音、歯の奥に詰まるのがどうにも苦手で)、夫の故郷、鹿児島ではこの落花生の塩茹でしたものを「だっきしょ」と呼んで、焼酎のつまみとして楽しむ文化があったそうで、見かけると自ら塩茹でして頬張る姿に「そんなに好きなら育ててみよう!」、そう思い立ち、畑に。

秋に美味しい落花生は春の種まきから始まりました。
落花生の種
種といっても蒔くのは豆。
「豆が種・・」冷静に考えたら納得出来るのに、袋から落花生そのものが出てきて、一瞬戸惑う、脳。

まずは一粒づつポットに入れて、苗作り。
春の不安定な気温の中、一定の温度がキープ出来る畑のビニールハウスをお借りして様子を見ると、およそ1週間で無事、発芽!
落花生 発芽
次に、この苗が雑草に邪魔されないために防草シートで覆い、シートの合間に切れ目を入れて、植えていくことに。

(さらには鳥に新芽を狙われないためのシートもしっかり)
落花生 畑 シート
これまで育ててきたどの野菜よりも広いスペースに苗を。

 

 

それにしても落花生、枝豆やそら豆のように葉の間に豆が付くのか、インゲンのようにツルが伸びて育っていくのか、初めての経験、知らないがいっぱいで楽しい〜!

落花生 花

7月、じわじわ、もそもそと成長していた葉の合間に、小さな黄色の花発見!

「花が咲いたら、防草シートを剥がして・・・」

というのも、花が咲き落ちた後に伸びる“子房柄(しぼうへい)”と呼ばれる白い紐のようなものが、土の中に潜ってサヤとなり豆が膨らんでいくのだそう。

なるほど「花」が「落」ちて実が「生」まれる・・・それが落花生!!

 

これまで何も考えず「塩茹で美味しい〜、殻剥き面倒〜」だなんて思っててごめんなさい。

豆が膨らむまでの距離と時間、そしてその先で作られた殻は豆にとっては大事なお家、もしくは必要なベッドだったのですねと、猛省。

より豆が喜ぶよう土寄せなどのケアを再び、美味しい成長を待つことにしました。

 

9月中旬、「一回どうなっているのか知りたい」

まだ見ぬ姿への気持ちが抑えられず、畑若師匠と掘り起こしてみることに。

クワで土をすくい、持ち上げてみると・・・

落花生 収穫

芋づる式ならぬ、豆づる式に生落花生登場!

育てる過程で調べた本などで見たイラストと同じものが今ここにと嬉しい反面、まだ食べるには若干若いように思え、収穫断念。

 

そこから我慢すること2週間、ニンジンやジャガイモなど、土の中で育つ野菜の収穫のサインとして、葉が枯れるのを目安にすることがあり、落花生にも同じようなお知らせが見えたので土を掻き分けてみたら!

落花生 収穫

子房柄が膨らんで立派に落花生となっているもの、残念ながら膨らまなかったものの姿が。

 

 

どれも全て形に出来なかった残念さはあるものの、それでも5ヶ月かけて得た学び、その中身は・・・?

落花生

「ああ!!」写真に収めたくなるくらい、理想とした形が手の中に!

「お店で売られているのと同じに出来た!」たった1個の落花生で心震える日が来ようとは。

落花生 料理

そりゃあもう、美味しかったです。

塩茹でした落花生の殻に染み込んだ茹で汁をチュウと吸いながら、ホクホクした食感の豆を、ビールや焼酎のお湯割りと合わせたら、「だっきしょ」と呼ぶ文化で育って来ずとも、しみじみの味わい。

鶏手羽サムゲタンと共に、食欲の秋を満喫です。

 

落花生から落花生。

知識も興味もなかった私を成長させてくれた畑の恩人“落花生”、ありがとう、そしてごちそうさまでした!

落花生 箸置き

 

 

加藤紀子

YouTube 「加藤紀子畑チャンネル」 https://www.youtube.com/c/katonoriko

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko

インスタグラム @katonoriko

 

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第70回/枝豆からの大豆チャレンジ…

次の記事>

次の記事>
第72回/旬の春菊を食べ尽くす!…

この連載の最新記事

旬の春菊を食べ尽くす!

第72回/旬の春菊を食べ尽くす!

落花生から落花生

第71回/落花生から落花生

枝豆からの大豆チャレンジ

第70回/枝豆からの大豆チャレンジ

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル