HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/211651/

年上の女性とつきあって得た知識を男はおじさんになったとき、 若い女の子に還元する。これを「愛のリサイクル」といいます/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

若い男の子は、年上の女性とつきあうと、すごく成長するんですね(しない奴ももちろんいます!)。昔、描いた「正しい恋愛のススメ」がそんな話でした。高校生の博明が出張ホストクラブでアルバイトするというとんでもない話なんだけど(笑)、そこで出会った年上の玲子さんから、博明はいろんなことを教えてもらいます。

 

おいしい料理、いろいろなマナー。女性の扱い方、悦ばせ方……。あれから25年たって、博明ももう40代だから、すっかりいいおじさんになって、きっと若い子と楽しく遊んでいると思う(笑)。

 

一方、年上の女性も若い男子とつきあえば、いろいろ楽しませてもらえるし、新しい情報も得ることができるからWin-Winの関係です♪と言ってもアワエイジ世代の女性が、若い男子とつきあうのは結構ハードルが高いと思うので、男女の愛じゃなくて、アガペーでいいと思います。神の愛ですね(笑)。恋愛関係でなくてもいいから、年齢のはなれた人とまずは仲良くなる。それだけでもすごくメリットがあります。

 

自分は人生の先輩として何かしら教えてあげることができるし、向こうは、新しい情報を提供してくれるじゃない?とくに10歳とか、20歳とか、一回り以上違うと、まったく文化が違うから情報も新鮮よね。私は、自分の知らないことを教えてくれる人はみんな先生だと思っているので、小学生にも隙あらば教えを請います。「ねえねえ、今、何が流行ってるの?」って(笑)。

 

若い男子と仲良くなるコツは、威張らず対等に――ってことかしら。年上だからって偉そうに自分の価値観を押し付けたりするとウザがられるだけ。それと若い人は、お願いごとをすると意外と喜んでやってくれるのよ。自分が役に立ってる感がうれしいんじゃないかしら。だから、「これ教えて」とか、「この荷物持って」とか、私は結構頼みごとをします。

 

このとき、大事なのが、「要求ははっきりと。代償はしっかりと」。何かやってもらったら、ご飯をご馳走してあげるとか、年上らしくちゃんとお礼をすることが大事。私なんか、よく大戸屋の優待券をあげたりします(笑)。えっ、それが許されるのは、私だから?キャラ勝ちってことですね(笑)。

 

とにかく若い人とつきあうと、行動も精神も若くなります。「私はもうおばさんだから」とか言いながら、みんな絶対見栄をはるから美容にも役立つし、ボケ防止にもなる。試してみてください!!

 

一条連載_ill

 

正しい恋愛のススメ」コーラス1996年10月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第42回/ケチとエコの違いは…地球サイズでケチを考えるのがエコです/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第44回/ただ飯ほど、高いものはない/一条ゆかり…

この連載の最新記事

あなたの体は、あなたの食べたものでできているし、あなたの未来は、あなたの考えていることで決まる

第153回/あなたの体は、あなたの食べたものでできているし、あなたの未来は、あなたの考えていることで決まる

「間違ったと思ったらすぐやりなおすのよ。後悔が少しで済むわ」by奈津子ママ

第152回/「間違ったと思ったらすぐやりなおすのよ。後悔が少しで済むわ」by奈津子ママ

宴会では、率先して食べ物を取り分けてはいけません。ちょっとは得になるけど、損のほうが大きい

第151回/宴会では、率先して食べ物を取り分けてはいけません。ちょっとは得になるけど、損のほうが大きい

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル