OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

http://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/212569/

50歳を過ぎたら、人生でやり残したことをチェックすべし

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

新型コロナウィルスのせいで、死も身近になった今日この頃。50歳過ぎたら、もういつ死んでもおかしくないんだから、そろそろ終活の第一歩をスタートさせたほうがいいですね。手始めとしてやるべきことは、人生を振り返って、やり残したことがないかを確認することです。

 

なるべく現実的なものがいいですね。たとえば「ピアノが弾けるようになりたかった」とか、「マチュピチュとウユニ塩湖に行きたかった!」とか。

 

この先、齢とって病気になって、自由に動けなくなるかもしれないから、動けるうちに、後悔しないようにチャレンジしておきましょうということです。

 

私はアラフィフの頃に、念願のジャマイカ旅行に行きました。映画『カクテル』を観て以来、ずっと行ってみたかったのよね。そしてジャマイカに行くなら、「男と行く」というイメージだったので、ふた回り年下の若い男と一緒に行ったんですね。でも、これが失敗だった(笑)。

 

最高級のホテルに泊まって、砂浜で馬に乗ったり、ゴルフやテニスをしたり…。金持ちがする遊びを一通り体験して、それはとても楽しかったんだけど、その若者が海外旅行慣れしてないし、場慣れしてないから、エスコートもコーディネートもまったくできなくて、まったく使えないの。むしろ私が引率のおばさんになってしまったのよね(悲)。腹立つったらありゃしない。

 

そんなとき、たまたまホテルのテラスで出会ったのが、パパ・ヘミングウェイみたいなロマンスグレーの紳士。あら素敵♪と(笑)。これまで世界中を旅してきた話なんか聞かせてくれて、私のグラスがカラになったら、すかさず「何飲む?」と聞いてくれて。連れの男子にはないものが全部あったのよね。

 

ぜひともねんごろになりたかったけど(笑)、しばらくしたらモデルみたいなイケてるお姉ちゃんがやってきて、「彼女来ちゃったからまたね」って去ってきました。残念!!

 

ラム酒を片手に沈んでいく夕日を眺めながら、『なんであんな若者と来ちゃったんだろう』って反省したわ。

 

ということで、話がそれましたが、熟年の旅は誰と行くかがとても大事です。旦那やパートナーが旅慣れてなかったら、ちゃんとツアーに入ったほうがいいですね。最近は、安全で食も豊かで、あまり歩かなくてもいいという熟年層向けの海外ツアーもいろいろあるらしいから、ちゃんと旅行代理店で調べましょう!

 

 

プライド」コーラス2004年3月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第44回/ただ飯ほど、高いものはない…

次の記事>

次の記事>
第46回/セクシーは、ひねる動作にある!! ヌード写真集はひねりばかり…

この連載の最新記事

3年、7年、21年、40年が「成功への方程式」…かも

第59回/3年、7年、21年、40年が「成功への方程式」…かも

姿勢をよくすると10歳は若返ります

第58回/姿勢をよくすると10歳は若返ります

自分の才能があるところをみつけられた人は幸せ

第57回/自分の才能があるところをみつけられた人は幸せ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル