OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/223154/

世の中には、あなたの魅力の通じる少しの相手と、魅力の通じないたくさんの相手がいます

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

ああ、痛い!!なんて痛い言葉なんでしょう!!自分で言っておきながら、すごい刺さりました(笑)。

 

そうなのよね。稀にこの逆の人もいるけれど、ほとんどの場合、自分の魅力が通じる相手って、ほんのわずか。だから、みんなに愛されたいという気持ちは捨てて、自分の魅力が通じる相手に狙いを定めていかないといけないと思うんだけど、たいていの人は勘違いして、「いや、そこはいっても無理でしょう」みたいなところに行って、失敗するのよね。

 

そうじゃなくて、たとえていうなら、ギャラの高いところより、勝率がいいところからまずは攻めていくことが大事だと思います。そして成功体験が増えれば、少しずつ、それが自分の力になっていくから、だんだんとギャラのいいところを攻めていくっていうのがいいんじゃないでしょうか。

 

じゃあ、自分の魅力が通じる相手はどうやって探したらいいのか~~だけど、それを知るには、まずは自分を知ることが大事なので、自分だったら、どんなふうに相手を幸せにできるか、というところから考えてみましょう。

 

相手を元気づけてあげられるのか、癒してあげられるのか、それとも情報を提供できるのか。相手のどんな役に立てるのか分析するところからスタートしてください。

 

それでもし自分が彼に癒しをあげられるとしたら、癒しを求めている人と合うだろうし、自分が相手に役に立つ特別な情報を提供できるなら、戦力となってくれる女性を必要としている彼のところへ行けばいいと思う。

 

とにかく、こちらに興味を持たない相手に対していくら頑張ってもダメなので、あちこちにいい顔をせず、自分を必要としている人から攻めていきましょう!!ある程度年をとったら、「もらう」ことはあきらめて「与える」ことをメインにした方がいいですよ。大人ですから♡

 

一条連載_ill

 

正しい恋愛のススメ」コーラス1995年11月号扉

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

【薬用歯みがきプレゼント】歯のエネメル質を大切にすべき理由とは?

PR
<前の記事

<前の記事
第59回/3年、7年、21年、40年が「成功への方程式」…かも…

次の記事>

次の記事>
第61回/「私、打たれ弱いんですぅ」という人のほとんどは、 打たれ弱いのではなく、打たれ嫌いなだけではないかと、よく思います…

この連載の最新記事

顔の凝りをほぐして、マスク老けに対処しよう!

第65回/顔の凝りをほぐして、マスク老けに対処しよう!

ものを作る人は、男女を問わず”女々しさ”が必要。 女々しさがないと土壇場での粘りが出ません

第64回/ものを作る人は、男女を問わず”女々しさ”が必要。 女々しさがないと土壇場での粘りが出ません

ファッションは、自分を表現するために必要なアイテムです

第63回/ファッションは、自分を表現するために必要なアイテムです

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル