OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/mainichi_yojo/118711/

カブの種はミレー蒔き

加藤紀子

加藤紀子

1973年1月30日、三重県鈴鹿市生まれ。

92年に歌手としてデビュー。幅広いメディアで大活躍するさなか、2000年より芸能界を休業し、パリへ語学留学。2002年に帰国し、芸能活動を再開。以降、テレビ、ラジオ、エッセイ執筆など多方面で活躍。2013年にTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシ氏と結婚。

現在、TBS『ふるさとの未来』(水曜深夜0時58分~)、NHK-FM『トーキング ウィズ 松尾堂』(日曜12時15分~13 時55分)にレギュラー出演中。YouTube「加藤紀子畑チャンネル」https://www.youtube.com/c/katonorikoも配信中。

記事一覧を見る

先日、ミレーの『落ち穂拾い』で描かれている女性のように、体をグっと折り曲げてカブの種まきのお手伝いをしました。

 

翌朝ベットから降りるとき、椅子から立ち上がるとき、いやそこから今日に至るまでの3日間、何をするにも内腿がビキビキに痛く、北斗の拳のように「アタタタタ」と小さな声が漏れております。

 

声が聞こえない絵画だけど、実は「この姿勢キツイっ!」なんて、落ち穂拾いをされていたあのモデルの方々も翌日、筋肉痛になったんじゃないかなあ??

 

たったこの1列に種を蒔いただけで筋肉痛になるなんて・・・。

 

かがんで蒔くよりミレー蒔き(勝手に名付けてます)の方が効率がいいかと思ったけど、結果、答えは出ず。

そろそろ快適種まきスタイルが見つかりますよう。

 

9月頭、畑では不思議な場所にコリアンダーが育っていました。

7月の終わりくらいに、花を咲かせたのちに枯れて細い枝となったのを見届けて撤収したのに、なぜに秋の始まり、種まきもしてないのに育ったのだろう・・と考えたら、

お別れ間際、風に揺られた種が「ここでまたお会いしましょう」と手を振って土の中に収まり、再び出る時を待っててくれていたようです!

これはその時のコリアンダーの種を収穫し保存したもの。

 

なぜならコリアンダーシードはカレー作りの香りづけ作業において、なかなか美味しい仕事をすると学び、『捨ててはならぬ!』とこのように。

種から葉から根っこまで、捨てるところがない優れものハーブさん。

 

とはいえ、この子たちが分散成長している場所にカリフラワー、ケールの苗を植えたいので、申し訳ありませんが、引越しをお願いすることに。

ホワホワに柔らかい苗を傷つけないよう深くクワを入れ、一株づつ掘り起こし、抜き出します。

こんな小さな苗でも、抜いた瞬間にあの香りが鼻先に(人は時にカメムシのようだと言ったりもしますが、先日カメムシの攻撃にあった時に勇気を持って確認したら、微妙にきちんと似て非なるものでした)。

マルチと呼ばれるシートの中に無事引越し完了!

あとはしっかり根が付くよう雨が降ってくれるのを待つのみです。

 

「あなたはコリアンダーなの? パクチーなの? それとも香菜?」

 

本人たちは、どの呼ばれ方がしっくりくるのか分からないけど、手をかけずともスクスクと育つ冬までの成長を、楽しく、かつ無駄なく美味しく見届けたいと思います。

 

加藤紀子

公式ブログ 「加藤によだれ」 https://ameblo.jp/katonoriko/

Web連載 「加藤紀子@山形」 http://www.okaze-gatta.jp/essay

「加藤紀子のエスプリ カフェ プラス」 http://www.ellebeau.com/electore-journal/n_kato/

フリーペーパー 「月刊てりとりぃ」 でも連載中

今すぐチェック!

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

日常の中で、資源を『もったいない』と思う意識が生んだ、化粧品ボトルの水平リサイクルって?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/野菜作りのきっかけは…

次の記事>

次の記事>
第4回/秋の畑支え合い運動…

この連載の最新記事

春の畑で大根の種を

第66回/春の畑で大根の種を

新たな年齢、目指す先は

第65回/新たな年齢、目指す先は

白菜鍋までの道

第64回/白菜鍋までの道

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル