第1章 巡礼旅は怖くない 6・ガイドブックを持たない旅、予約をしない旅

プロフィール写真

フードライター&エディター、ラジオコメンテーター。横浜生まれ。「Hanako」からスタートし、店取材を続けること20年。料理の基礎知識を身に付けたいと一念発起、27歳で渡仏。4年の滞在の間にパリ商工会議所運営のプロフェッショナル養成学校「フェランディ校」で料理を学び(…かなりの劣等生だったものの)、フランス国家調理師試験に合格。レストランはもちろん、ラーメンや丼メシ、スイーツの取材にも意欲を燃やし、身を削って(肥やして!?)食べ続ける毎日。

 

 

ワインがほとばしる、魔法の蛇口を目指して

 

ルンルン。使うと年寄り認定される昭和言葉(!)が思わず口からこぼれてしまうのは、待ちに待った「ワインの泉」に向かっているから。今朝ばかりは早起きも苦じゃありません。朝焼けに溶けていく白い月を眺めながら、足取りも軽く、緩やかな登り坂を上がって行きます。

 

カミーノ(巡礼)の本を読んで一番、行ってみたいと思っていたのがこの「ワインの泉」。昨晩、宿泊したエステーリャから約2.7km、サンタ マリア デ イラーチェ修道院の隣にあるボデガス・イラーチェ社というワイナリーが、巡礼者のために無料で提供しているワイン飲み場です。工場の壁に設置された蛇口をひねるとワインがほとばしるという、酒好きには夢のような話…。

 

このあたり、ナヴァラ地方は遡ること紀元前2世紀頃、古代ローマ人がワイナリーを建設したのが最初で、巡礼最盛期の12世紀には当時の巡礼のガイドブックでもあった「カリクストゥス写本(Codex Calixtinus)」に「おいしいパンとワインの土地」として紹介されていた土地。その珠玉の飲み物は外国にも輸出されるようになり、18世紀にはかのロシアのピョートル大帝もナヴァラの赤ワインのファンだったとか。

 

 

「なぞる旅」ではなく「感じる旅」を

 

仕事柄もあって、私は旅行前、色々と情報を調べて行くほうだと思います。その土地の名物、おいしいレストラン、朝市やスーパーマーケット、行くべき名所や美術館…(食いしん坊の私の場合、重要度は間違いなく、この順序)。行き方、営業時間から安いクーポンの存在まで、かなり緻密に調べることも。

 

でも今回の巡礼旅にはガイドブックの類を一切、持って行きませんでした。この旅の目的は「巡礼地に歩いてゴールする」こと。「名物を食べ歩く」ことでも「観光名所を訪ね歩く」ことでもありません。もっと言ってしまうと、800kmを歩き通せるかまるで自信がなかったので、観光したり、おいしいものを食べたりするのに使う気力・体力を、とにかく「歩く」ことに使わなくてはと思っていたのです。

 

巡礼を終えたいまとなっては「そんなに肩肘張らなくて大丈夫だよ」と自分に声をかけたいくらいですが、そういう切羽詰まった思いのもと、事前に細かい情報を集めるのもやめました。立ち寄る村々のインフォメーション、周辺の見どころ、アルベルゲ(巡礼者向けの宿泊施設)やホテルの情報がまとまった日本語のガイドブックも数冊出版されていますし、日本からも大勢の方々がスペイン巡礼をしていらっしゃって、写真満載のブログや面白い旅日記がたくさんあるのですが、あえてそういったものを読まないようにしたのです。

 

今回ばかりは情報をなぞる旅ではなく、「心で感じることを大切にしたい」と思いました。何世紀もの間、数えきれないくらいの人々が辿った道を歩くシンプルな旅なのだから、現代的な物差しで、便利に、おトクに物事を運ぶための情報はいらないのではないかと。もし情報がないせいで失敗したり、損をしたとしても、まぁいいか、それも旅の経験として受け入れてみようじゃない。

 

…こうして文字にしてみると「カッコいいなー」と自分で自分に酔いたくなりますが、実はドタバタの出発で、下調べをする余裕がなかっただけという話も(苦笑)。そして、憧れの紀行小説「深夜特急」の主人公気分で!?心に誓った決意を後悔する時は、すぐにやってくるのでした。

 

歩いていると、時折、地元の人で賑わう市場に出くわすことも。いつもなら市場は何曜日の開催で、場所はどこどこの広場で、ここの名物はこれこれで、と下調べは万全なのがワタシ流。情報を調べるのが大好きだし、おいしいものに出会うためならどんな労力も厭わない。残念ながら美術館で絵や彫刻を長時間愛でる感覚は持ち合わせていないけれど、おいしいモノと人々の笑顔に満ちた市場になら何時間でも滞在していられるのだ。

 

 

 

国道1110号線を横切って細いサンティアゴ通りに入ると、T字型に広がる幹が植えられたぶどう畑。さらに進むとありました! 石造りの建物の壁に巡礼者の彫刻と夢にまで見たワインの蛇口。空のペットボトルを近づけて、コックに手をかけてひねります。…あれ? 出てこない。なんで?

 

横の看板に書いてありました。なんと、蛇口が開くのは朝8時から。嘘でしょ!?ヤル気満々でエステーリャのアルベルゲを早朝に出てきたので、現在、まだ朝7時。開栓時間まで、まだ1時間もあるんです。

 

真剣に悩みました。ここで1時間待つか、否か。うーむ…。

 

結局、朝早く出たせっかくのアドバンテージを無駄にしてはならぬと、泣く泣くワインの泉を後にすることにしました。もしちゃんと情報を調べてあったら、開栓時間に合わせて出発したでしょうし、もっと言ったら昨日の夕方、チェックインした後にワインをたらふく飲みに来ることもできたかも…。そのショックで、隣にあったはずの旧ベネディクト派のサンタ マリア デ イラーチェ修道院を眺めることすら、忘れてしまいました。

 

情報に頼らない、「心で感じる旅を」なんてカッコよく言ってみましたが、無料ワインを口にできなかったことをその日一日中、いいえ、今日に至るまでずーっと後悔しています。あーあ、嫌になっちゃうなぁ、もう。

 

ホタテ貝のオブジェが付いた2つの蛇口。左はワイン、右は水。手ですくって飲む? それとも昔の巡礼者のようにホタテ貝をコップ代わりに? …昨夕、よくよく考えた挙句、わざわざ小さい水のペットボトルを購入、中身を飲み干して空のボトルを用意した。いくら無料で飲み放題といっても、その先のトイレの心配もあるし、容器に入れて持って行くには荷物になって辛いだけ。小さいボトルくらいなら持って行けるかなと、本当にたくさん悩んだのに…(泣)。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top