OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

パスタ名のガーベラと友人宅でのごちそう

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

このクリーム色のガーベラ、「パスタカルボナーラ」という名前なのです。
花屋さんで見かけた瞬間は思わず二度見をしてしまったほどびっくり!
花にパスタの名前を付けてしまうなんて大胆ですよね。
調べてみると他にも「パスタポモドーロ」や「パスタファルファッレ」という品種のガーベラもあるそうで、これからどんどん食べ物の名前の花が増えていくのかな~なんて思います。


カルボナーラの花びらは一枚一枚がしっかりとしていて厚みがあり、枚数も通常のガーベラより多いような気がします。少し太めのそれらはまさにパスタのようで、見ているとおいしそうな気さえしてきます(笑)。


今回はそんな淡いクリーム色に合わせ、柔らかなイエローのバラ「シャンパンロマンティカ」を選んでみました。
丸みを帯びたカップ咲きのバラはとても私好みで、甘くいい香り。存在感があるので1輪で飾っても素敵ですね。
たっぷりの水で生けるとかなり長い期間楽しめるそうですよ。


生き生きとしたグリーンが爽やかなレースフラワー「グリーンミスト」。
一本の茎にたくさんの小花が咲き、可憐な様はイエローやクリーム系の花とよく合います。


真っ白なスイトピーは、ほんの1~2本で素敵なわき役に。
香りがよく長持ちするのでオススメです。


エンドウマメの葉は先がくるりとしていてアレンジに最適。
茎の長さをカットして様々な方向に生けると、動きのあるしつらいになります。


まだまだ寒い日が続きますが、明るい色の花たちを見ていると元気な気持ちが湧いてきますね。

<前の記事

<前の記事
第47回/ピンポンマムと娘のおせち…

次の記事>

次の記事>
第49回/オーニソガラムと女子会パーティー…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル