脚やせに効果のあるツボ「足の五里(アシノゴリ)」と「箕門(キモン)」 /深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第5章 「見た目」アップで仕事も恋愛も成功させる

第5章では、美容にきくツボをご紹介。

 

 

スラリとした脚はスタイル全体の印象をアップさせます。

 

今回は、むくみ解消や脂肪燃焼効果も期待できる「脚やせ」に効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

 

部分やせでもっとも希望する声が多いのは、ほっそりとした「脚」です。なにかと注文の多い下半身のなかでも、とくに太ももは、セルライト(特殊な脂肪細胞のかたまり)が多くみられる悩みの部位です。

 

そこでまず、足首の内側から太ももの内側にかけて流れる経絡の肝経、脾経、腎経を刺激するマッサージをしましょう。この経絡は、女性機能の働きを促し、血行を良くして代謝を高めるからです。

 

両方の手を重ねてゆっくりさすり上げていけば、自然に経絡を刺激することになります。硬くなっていたり、冷えているところがあったら、血行が滞り老廃物がたまっている証拠。念入りにほぐしてあげると良いでしょう。

 

次はツボ刺激です。太ももの内側にあって太もものつけ根から指4本分下がったところにある「足の五里(ゴリ)」と、太ももの内側の中央にある「箕門(キ モン)」です。むくみ解消のほか、脂肪燃焼、冷えの改善効果が期待できます。

 

 

 

 

血行を良くして代謝を上げ、スラリとした美脚効果をもたらします!

109-01M_Web用

「足の五里(アシノゴリ)」「箕門(キモン)」

 

「足の五里」は太ももの内側にあって、太もものつけ根から指4本分膝方向へ下がったところ。「箕門」は太ももの内側でほぼ中央、膝のお皿の上角から親指を除く指4本幅×2+人差し指から薬指までの指3本分のところでかすかに拍動を感じるところです。

 

それぞれ親指を重ねて約5秒間押しては離すを10回行います。
【ものしり事典】

皮膚の表面がオレンジの皮のように凸凹することからオレンジピールスキンと呼ばれるセルライトは、むくみ、血行不良が原因です。

 

 

 

 

 

次回は、「お腹ぽっこり」の改善に効果抜群のツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第91回
脚やせに効果のあるツボ「足の五里(アシノゴリ)」と「箕門(キモン)」 /深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top