子どもの体を丈夫にする/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

プロフィール写真

林 秀靜

中国命理学研究家。10代のころより東西の占術全般を学ぶ。1992年より台湾や香港の老師に教えを仰ぐ。風水学をはじめ、中国相法、八字、紫微斗数など幅広く修得し、1998年に独立。2008年、株式会社桂香を設立。2013年より3年間台湾に留学、さらに風水と紫微斗数を大師より学ぶ。執筆、講演、鑑定、企業コンサルタントなどを精力的にこなし、テレビ、雑誌、ネット等で活躍中。著書に『日本で一番わかりやすい四柱推命の本』『やくよけ風水』(PHP研究所)、『おはらい風水』(泉書房)など多数。

HP www.lin-sunlight-fengshui.com

ブログ   林秀靜之天天風水 http://linsunlight.blog.fc2.com/

運がUPする「おそうじ風水」

 

 

PART2

願いをかなえるおそうじ術

 

恋愛がうまくいく! 仕事で成功する! 健康な暮らしを満喫する!

あなたなりの幸せな未来を描いて、おそうじをしてみませんか?

願いごとにおそうじのツボを紹介します。

 

 

 

 

子ども体を丈夫にする

 

 

バスルームのそうじをこまめにする

 

大人に比べ、免疫力も体力もない子どもは、ちょっとした環境の変化が、健康を左右します。家の中に湿気が満ち、陰の気が淀んでいると、子どもは敏感に反応して体調を崩しがち。

 

陰の気を追い払うためには、バスルームのそうじです。排水口にたまったゴミを取り去り、浴槽の汚れを洗い落とし、壁のカビを取り除きましょう。換気扇をよく回して湿気がこもらないよう注意することが肝心。毎日のちょっとした心がけが、子どもの健康を守ります。継続してきれいにしましょう。

 

浴室

 

 

 

寝具の位置を変える

 

風水では、家の中心から前方(玄関)を朱雀(すざく)、後方を玄武(げ んぶ)、右を白虎、左を青龍といい、それぞれの方向に意味があります。左の青龍は、地位の高い人の助けを受ける方位、右の白虎は凶獣とされ、災禍をもたらす方位とされています。

 

子ども部屋では入口の左側にタンスなどの大型家具を置くと、病気になりやすく、反対に右側の白虎に置くと、殺気を抑制する作用が生まれて吉とされています。

 

 

 

 

 

次回は、病気になりにくい体になりたいときにおすすめの「おそうじ風水」をご紹介します。

 

シェア ツイート LINEで送る
第53回
子どもの体を丈夫にする/林 秀靜さんの「おそうじ風水」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • To Top