キーワードは、“チリツモ”!「今度こそできそう?!」な健康法セミナーに参加してきました


企業に出向いて「健康セミナー」を実施しているサントリー。先日、そんなセミナーに特別参加してきましたので、今回はその様子をご紹介します。

サントリー1

訪れたのは、従業員の健康サポートに力を入れているという、某大手メーカーのセミナールーム。参加者は…60名くらいでしょうか。

サントリー2

まずは、筑波大学大学院 人間総合科学研究所 スポーツ医学専攻 医学博士の久野譜也教授による「チリツモ健康術 運動編」からスタートです。

 

「60代で倒れてしまう男性は2割。そのほとんどが、健康診断でメタボだった人。メタボのままでいると、脳卒中に加えて転倒骨折、認知症のリスクも高まってしまいます」との説明に、大きく頷く男性社員の姿がちらほら。

 

「女性の場合は、60歳以上になると転倒骨折してしまう人が急激に増えるという調査結果もあります。しかも、それをきっかけに寝たきりになってしまう割合は、男性と比べる4倍以上も高いのです」。女性社員も、思わず驚きの悲鳴です。

 

健康でいるためには、塩分を取り過ぎない、そして歩くことがとても重要、と久野教授。

 

「以前は、20分以上歩かないと効果がないなどと言われていましたが、今は足し算で考えてもOKだと科学的に立証されています。通勤形態を変えるだけでも、その差は歴然。

チリツモが功を成す

のです」

サントリー3

スクリーンには、ある男性のトレーニング前と、トレーニング3カ月後の腹部内蔵脂肪の比較写真です。

 

「食事と運動に気をつければ、内臓脂肪は3カ月でここまで減らすことができます。しかし、減りやすいということは、戻りやすくもあるわけです。また、食事制限だけでウエイトを落とした場合は筋肉も衰えてしまうため、かえって太りやすくなってしまいます」

 

筋肉が加齢と共に低下してしまうことは周知の通り。何と、食事制限3カ月によって減少する筋肉は、約5年で低下する量と同じくらいだそう。痩せたい人も、健康に歳を重ねたい人も、筋トレが必須だと力説します。 サントリー4

そこで、日頃から歩くことに加えて、筋トレをプラスすることを推奨。休憩時間にも出来るエクササイズのレクチャーです。全員で立ち上がって、その場で実践することになりました。

 

ウエストをねじったり、脚を前に踏み出したり…。簡単ながら、どれも効率よく複数の筋肉を鍛えるエクササイズとのこと。参加者から「暑い〜」「汗が出てきた!」などの声が聞こえてきましたよ。

 

第2部は、「チリツモ健康術 食事編」。次のページでご紹介します。

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top