奈良のかき氷巡りへ。氷の食文化はじまりの地で

プロフィール写真

大阪在住18年。東京で結婚後、夫の転勤を機に大阪へ。病院勤務で介助の仕事をしています。料理するのも、食べる事も大好きで、調理師免許も取得。史跡、遺跡、神社仏閣巡りが趣味で、御朱印も集めています。子供たちの手が離れたので、自分の時間を楽しんでいます。

今年の桜は例年になく遅咲きでしたね。
関西では4月の初めが開花宣言でした。満開を待って、お花見とかき氷を目的に奈良へ行ってきました。

 

 

最近、奈良市内など、県内ではかき氷巡りが出来るんです。
駅などにもかき氷ガイドの冊子が置いてあるんですよ♪

unnamed1

30件近くのお店が、それぞれ特徴のあるかき氷を提供しています。

 

 

こおり屋さんに行く前に、寄ったのは近鉄奈良駅から徒歩15分程にある「氷室神社」。
近くには東大寺、春日大社など名所はありますが、こちらの神社は樹齢100年と言われている枝垂れ桜を見ることができます。

こちらがその桜…

unnamed2

見事なまでに大きく、美しい枝垂れ桜は圧巻です。
氷室神社の由来は奈良時代、平城遷都にともない春日野に氷池や氷室を作り、稲作に重要な夏の天候を祈る祭紀を行ったのが始まりだとされています。
境内に入り参拝。
御朱印も書いて頂きました。
御朱印は火打ち石でお祓いをしてから、書いて頂けます。

unnamed3

もう一つ、氷室神社には、氷に貼り付けると文字が浮かんでくる氷みくじというのがあります。

unnamed4

大きな氷が置いてあるので、貼りつけます。
文字が浮かんでくるまでワクワクでした。

unnamed5

結果はともあれ(笑)
変わったおみくじ、他ではあまりないのではないでしょうか。

 

散歩の後は、いよいよ今回お目当の氷屋さんへ。

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


To Top