食べて、見て、体験して綺麗になる韓国。その2

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

さていよいよ今回のツアーの目玉である、医療観光が2日目からスタート!

その前に忘れてはならない旅の楽しみ、ホテルの朝食。

 

 

LACKEY HOTELの朝食は、大理石でできたシックなホールの奥の壁沿いにブッフェメニューがずらり。

洋食メインですが、ご飯も用意されていて、そこにはもちろん韓国海苔も。卵料理、ベーコン、サラダ、パスタ、お肉に果物、デザート、と種類は豊富。どれもカラフルな彩りで朝から食欲を刺激します。

 

夜にあんなに食べて、まだそんなにこなれていないはずなのに、視覚が満腹中枢を狂わせる・・・。

そしてなんて言っても、ロケーションがいい!
窓の外の摩天楼が朝日に輝いている様子が席から一望でき、優雅な気分で朝食タイムを過ごせます。

ホテル朝食

しっかり朝食を堪能し、またまたバスに乗り込みます。
キム眼科医院へ向かいます。

キム眼科

キム眼科医院は4階建てのビル一棟が全部眼科。
ビルのデザインは眼をモチーフにされていて、階により患者さんの状況を察し、照明の色なども考えて変えていると聞き、そのこだわりに驚き。

 

優しい口調で説明をしてくださるイケメンの先生にそれぞれの階を案内していただき、ここでは今回特別に希望した人が目の総合的な検査を受けられるとのことで、もちろん、立候補しました!

 

 

ずっと前に作ったメガネの度が合わないなと最近思っていたのでまたとない機会。テキパキと担当の女性医師(若くて可愛い!)が白内障などの検査も含めて、いろんな検査機器を駆使し、次々と検査をしてくれます。
30分ほどで検査は完了。

眼に異常がないかなどの精密検査結果と、おまけで日本のメガネ屋さんで提示すれが自分の度数にぴったりのめがねがあつらえられる視力状況カードをいただけました。

 

 

こちらの医院は3代30年にわたり開業されていて、著名人の御用達にもなっているそうですが、検査を実際に受けて納得。とにかく丁寧で速いと思いました。
お待ちかねの昼食はハンバンヤンニョムプルコギ。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top