時代和家具の店、アンティーク山本商店へ。古家具修理もできるんです

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

毎日、暑い日が続きますね。
私の住む魚沼市の旧小出町は、
新潟県一気温が高くなることでも知られています。
そこから車で20分くらい山方面に向かう私のところまでくると、
なんと気温が3℃も低くなるんですよ。
それでも、毎日’あっちぇ~~!’(訳:暑い!!)の
大合唱です。

 

 

そんな暑さの中、
ちょうど宿が一日お休みになったので、
あるじと二人で’弾丸東京ツアー’をしてきました!

 

 

新潟を出発したのは午後1時近く。
しかも、車で!(新幹線の方が早いのに!)
しかも、日帰り!
東京を出発したのは19時。
滞在時間はたったの5時間という強行軍でした。

 

 

目的地は、東京都世田谷区にある、
アンティーク山本商店

こちらのお店とのお付き合いは、
もう、12年以上になります。

 

 

私たちの宿のしつらえは日本がきっと今よりもっと元気だった、
そう、まさにおでかけ女史組世代が生まれた
’昭和30年代’を思い描いています。
ガラスの電気のかさ、昭和の本棚、茶箪笥、
ちゃぶ台、ノスタルジックなスタンド。
どれも絶滅危惧商品です。
だから、なかなかどこに行っても買えない。
そして、
ネットを検索していて見つけたのが
山本商店だったのです。
当時は何回となく新潟から通って、
そして、まさにぴったりな家具を見つけることができました。

 

 

このたびは、
売店スペースの改装のための棚が欲しくて、
久々に伺ってきました!

小田急線の東北沢駅から歩いて5分くらい、
交通量の激しい井の頭通り沿いにそのお店はあります。

DSC06678

店の前までやってくると、もう、ワクワクを通り越して、
ソワソワします。今日はどんなものと出会えるんだろう!

 

 

地下1階から2階までのフロア、そして店先まで所せましと
一点ものの古家具が、なんと天井まで続いています。
通路は大人一人は歩ける。
でも、スレ違いはできません。
まるで迷路のようです。

DSC_1297

DSC06681

時代和家具のことなら何でもお任せ!の
3代目のご主人に相談にのって頂いて、
無事に、そして珍しく決断も早かった!

DSC06675

このお店のすごいところは……

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top