はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(前編)船旅の基本

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(前編)

船旅の基本

 

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

いつもは日本各地の寺社に関する情報をお届けしていますが、今回は、暑い日本を飛び出してアラスカへ。豪華客船に乗って氷河やクジラを見に行く夢のような旅に出かけました。

吉田アラスカ1P7020002

わたしが乗ったのは、プリンセス・クルーズというクルーズブランドに所属する、「ルビー・プリンセス号」という船です。プリンセス・クルーズは、世界最大級のクルーズブランドのひとつで、1965年にアメリアで創業。航路は世界中に広がっており、比較的手ごろな値段でクオリティの高いクルーズライフを楽しめます。

吉田アラスカ1P7081074

今回のルビー・プリンセスの航路は、シアトルの港から出発し、アラスカの中でも南の方の「インサイドパッセージ」と呼ばれる地域を巡り、カナダのビクトリアという街にも立ち寄ってシアトルに戻るコースです。船上で7泊8日。うち、どこにも寄港せず、終日クルーズの日がに2日ありますが、そのほかの日は、どこかの港に接岸し、降りて自由に観光したり、オプショナルツアーに出かけたりします。

吉田アラスカ1P7040274

わたしは国内旅行だけでなく海外旅行も大好きで、個人で行くこともあれば、さまざまなタイプのツアーに参加することもありますが、完全に船だけで移動する旅は今回が初めて。「船酔いしたらどうしよう」とか「正装が必要な日があると書いてあるけど、堅苦しいのかしら?」などなど、事前にいくつかの心配な点がありました。けれど、結果的にはすべて杞憂に終わり、今では、すっかり船旅のファンになりました。

吉田アラスカ1P7030032

しかし、このような不安は多くの皆さまにも共通するものだと思いますので、まずは、実際の旅ではどうだったかをお話ししておきたいと思います。むろんこれは、わたし個人の感覚ですし、船によっても、船会社によってもいろいろ違うでしょうから、あくまで参考程度にお読みください。

 

気になるクルーズの基本情報は、次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第58回
はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(前編)船旅の基本

  • To Top