ミシュラン1ツ星、西麻布のフレンチ「オオハラ・エ・シーアイイー」へ

プロフィール写真

東京在住。食、旅、美容などライフスタイル系ブランドのPRをしています。オーガニックアイテムを取り入れて、健康的に美しく年を重ねていくことに興味があります。旅と食べ歩きが大好きで、今年もすでに国内外のおいしい旅を計画しています。新店舗オープン、食や旅を中心としたおでかけ情報を発信していきます。

東京版ミシュランガイドで1ツ星を獲得してから、一時期全く予約がとれないほど満席が続いた西麻布のフレンチ「オオハラ・エ・シーアイイー」。友人のお祝いランチで行きたいとリクエストがあり、早めに予約をして伺いました。

 

東京メトロの乃木坂、六本木駅、どちらからも徒歩10分ほどの、西麻布の裏通りにある隠れ家的なレストラン。緑に囲まれた吹き抜けの大理石の前庭から、白を基調とした店内にやわらかい陽の光が注ぎ込む、優雅でありミニマルな空間でランチタイムです。

 

ランチメニューは数種類ありますが、今回は10名と大人数だったのでシェフのお任せでお願いしました。

 

お祝いなのでシャンパンを飲みながら、まずはアミューズのカラスミ、オリーブオイルを和えたフロマージュブラン(左)と帆立の米粉揚げ(右)。

アミューズ
アミューズですら、舌の上で旨みが複雑に絡み合うような味わいで、自然と「美味しい」というつぶやきがでてしまいます。

 

 

ほどなくして運ばれてきた前菜は、「カニ肉のタルタル トマト詰め アンチョビのクーリー」。前菜
トマトとアンチョビソースのオレンジ、バジルソースのグリーンが、夏の太陽と青々と草が茂った大地を思わせます。でも素材はカニなので、大地だと思ったのは海原かしら・・・などと考えながら、酸味、塩味、香草とあわせるものによって変化するカニの甘味を堪能しました。

 

スープは「貝類のロワイヤル 青海苔風味」。

スープ
貝類の様々な旨みが折り重なり、青海苔の風味が加わり、夏が旬のあいなめとともに“夏の海”を味わっているかのようです。伝統的なロワイヤルで、“海”を感じられるなんて、想像の域を超えています。

 

メインのお肉は、「牛フィレ肉のベーコン巻き 赤ワインソース」。

メイン
じゃがいものドーフィノワも添えられた、赤ワインソースでいただく伝統的なフランス料理。
フレンチ好きな仲間の集まりなので、このようにしっかりとしたお料理も一皿あるのが嬉しいです。

 

デザートはひんやりとした口どけの「ココナッツのブラマンジェ マンゴーのソース」でしたが、お料理談義に夢中で写真を撮り忘れました。
コーヒーと小菓子でランチは終了。
丁寧に手作りされたマカロン、オレンジピールのチョコレートがけ、焼き菓子と淹れたてのコーヒーで、またもや会話が弾みだしました。

食後

 

お料理を介して会食者が笑顔になり、話が弾むのは、お料理やサービスに心がこもっているからだと思っています。ミシュランの星を獲得して以前にもましてお忙しくなった大原シェフ(写真右)。でも帰る時には、必ずキッチンから出ていらしてお土産の焼き菓子を手渡してくださいます。
美味しいだけではなく、心があたたまるフレンチは、おでかけ女史組世代にはぴったりとだと思います。

IMG_5094

 

 

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top