パン好きが渋谷で満足できるパン。 VIRONのランチとロイヤルガーデンカフェのモーニング

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

私が一年で最も燃える日、それは、東京で大好きなアーティストのライブを見て、大好きなパンを食べまくる日。

 

 

ここ数年、8月はライブを見るため、渋谷にやって来ます。そして、東京の美味しいパンを探すのが楽しみなのです。
今まで、北海道小麦や乳製品は美味しくて新鮮。また海外などで修業された腕のいいパン職人さんがたくさんいるので、北海道のパンは美味しいと言い続けている私ですが、実はハードパンに関してはフランス銘柄の粉を使い分けているお店が多いのです。
ならば、ハードパンはフランスと精通しているお店が美味しいに違いない。
というわけで、「VIRON 渋谷」へ。

2017-08-21-17-50-00-881

DSC_0654

昨年、ライブ前の腹ごしらえにパンをホテルで食べようと立ち寄ったのですが、お目当てのバゲットサンドが大きすぎて、完食する自信がなく断念。とりあえず、小さめのハードパンとパンオショコラを買ってホテルで一気に食べたのですが、予想以上に美味しくて…。これは、バゲットも食べなくてはと1年間待ちました。
今回は、飛行機を1時間早い便にして、ランチを予約。2Fは、ブラッスリーになっていて、1Fのパンも食べる事ができます。
ランチだと、お目当てのバゲット「レトロドール」がおかわり自由で食べられる。
レトロドールは粉の名前なのですが、扱いが実に難しいらしく、バゲットは本当に職人さんの腕そのもの。
VIRONエグゼクティブシェフの牛尾則明さんは、パンを作る者にとっては憧れの方であり、作る工程もこだわりが強くて、こんなことまで考えてるのですかと思うくらいです。
早速、バゲットがカゴに入って運ばれて来ます。

2017-08-16-13-38-11
やっと会えたね…と思いながら凝視。ウンウン、見ただけでわかります。もう穴がボッコボコ。

PhotoGrid_1503482292383

ちぎっても気泡がボコボコ。さぁ、実食。
濃い!味が濃いのです。塩分や甘さではなくて、レトロドールの粉ってこういう味なんだなとわかる濃さ。そして、重い。よく外側がパリッと中身はモッチリなどと言いますが、中がいい意味で重いんです。
メインは、鮮魚のポワレ。

DSC_0651
平目とスズキです。
あっさりソースをバゲットにつけて食べました。
噛みしめ過ぎて、お腹いっぱい。1Fのパンは、翌日お土産用にチェックする事に。

 

 

 

 

次に続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top