ブラタモリでチェック! 十和田湖、奥入瀬渓流へ

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

日本で唯一の「二重カルデラ湖」である十和田湖へ、そして奥入瀬(おいらせ)渓流へ行って来ました。

 

小学校の修学旅行で行き、20代前半に行き、30代前半に行ってそれ以来なので、20年近くぶりでした。

元々の十和田湖の中に新しい火山が生まれ、そこで繰り返された噴火により、およそ千年ほど前に小さなカルデラができ、新しいカルデラには土砂が溜まっていないため、中湖(なかのうみ)と呼ばれるそこが一層深くなっており、その深さは日本で三番目なんですよね。327m。

 

ちなみに一番深い湖は、私の住む秋田県の田沢湖。423m。
十和田湖は青森県の十和田市と、秋田県の小坂町をまたぐので、秋田には日本で三本の指に入る深い湖がふたつもあるということに!・・・と言いたいところですが、中湖は県境のたしか青森県側だったと思います。


遊覧船に乗りたいと思いましたが、私は必ず船酔いをしてしまうので、諦めました。
なので白鳥の足こぎボートを『乗ってみたい気もするけど・・・』なんて横目に見ながら、ゆっくりと湖畔の緑溢れる遊歩道を歩き、乙女の像まで。乙女の像は詩人であり美術家でもあった、「智恵子抄」で有名な高村光太郎の 作品です。

十和田神社のそばまで行きましたが、パワースポットと呼ばれる占い場は、平日でも人がたくさん! 外国の方、多かったですねー。日本人気、ここまで広がっているのかと、あらためて驚きました。

 

遊歩道を一通り歩き、写真を撮り、次は車で一番楽しみにしていた奥入瀬渓流へと向かいます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top