ウィーン一人旅 :前編 街歩き情報 

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

ウィーン一人旅

前編 街歩き情報

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今月は、先日行ったウィーンへの一人旅のルポをお届けします。

わたしはクラシック音楽が好きで、ウィーンはすでに何度か行っております。

完全な一人旅も、これが2回目。ウィーンは、中心部ならば、夜ひとりで歩いていても、あまりこわい感じがしないところです。交通網も発達しており、観光がしやすい。ということで、一人旅をしてみたい女性にお勧めできます。

今回の旅は、ウィーン国立歌劇場でのオペラやコンサート鑑賞が主な目的でしたが、 昼間もあちこち歩きまわりました。 上手に旅をするコツは、どこの街でもそうでしょうが、ホテル選びがもっとも重要です。 とくに女性一人旅の場合、ウィーンでは、街の中心であるウィーン国立歌劇場近辺がよいです。

こちらは、夜の歌劇場。周辺は繁華街で遅くまでにぎやかです。周辺にはホテル・ザッハをはじめとする超高級ホテルが立ち並んでいますが、ネット上の予約サイトを丹念に探せば、比較的お手頃なホテルもあります。わたしは今回、リンク通りをはさんで歌劇場のはす向かいのダス・オーパンリンクというホテルを予約。オペラがはじまる10分前にお部屋を出れば間に合う素晴らしいロケーションでした。お値段は、朝食付き、税込み、立派なバスタブとエアコンもついていて、1泊2万円弱。これはこのエリアでは破格です。

こちらは宿泊したホテルの朝食です。ウィーンでは、パン、チーズ、ハム、ソーセージ、野菜などを好きなように取っていただくビュッフェ形式の朝食が一般的。ジャムやジュースも充実しており、なかなか美味しいです。

 

 

このあたりを足場にすると、王宮、美術史美術館、シュテファン寺院、ケルントナー通りなど、観光のメインになる場所がほとんど徒歩圏内。さっそく歩いてみましょう。歩き始める前に、観光案内所に行って「ウィーンシティカード」を入手することも忘れずに。有効期間によって、24時間、48時間、72時間などの種類があり、これを持っていれば、地下鉄、トラムなどが乗り放題になるほか、美術館などさまざまな観光施設の入場料が割引になります。購入時にもらえる小冊子によれば、レストランやお店の割引もあるようです。使いこなせば、かなりお得ですよ。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第78回
ウィーン一人旅 :前編 街歩き情報 

  • To Top