「猛暑でも楽しめる鎌倉!」厳選おすすめスポットをご紹介します

プロフィール写真

神奈川県在住。トレッキングやスパ巡り、スクールに通うこと、カメラが好きで、趣味の写真をメインに美味しいものや綺麗な場所を発信していきたいです。介護福祉士、ケアマネージャーとしてお仕事の傍ら、福祉美容師、メイクセラピ ストアドバイザーとしても活動しています。

毎日暑い日が続き、紫外線も降り注ぎ恐ろしくて冷房の効いた部屋から一歩も出たくないのではないでしょうか。

ですが、やはり夏は適度に汗をかき、適度に日の光を浴びないと心身共にダメになってしまう気がします。

ということで、今回は

「猛暑でも楽しめる鎌倉!」をタイトルに涼しそうな場所をセレクトして鎌倉散策をしてきました。

この日も猛暑日、外に立っているだけでも汗が噴き出てきてとても散歩するような気持ちにはなれません。

鎌倉駅に到着したらまず最初にランチをとりましょう。

しっかり食べて、しっかり飲んでお出かけするのがMoca流夏散歩。

あまり歩くと食欲が無くなってしまうので、最初の目的地は小町通り入って直ぐの路地にある老舗イタリアン

Amalfi Kitchin さんへ

今回は前菜、パスタorピザ、お肉orお魚、ドルチェ、ドリンクのランチフルコースを2つとも注文してシェアして食べることに。食いしん坊は全部食べてみたくなっちゃうんですよね。

まずは、前菜から

彩りも爽やかな前菜は

夏らしくトマトやシーフードなどサッパリとした食材でバテ気味のカラダに嬉しい。ボリューム満点でしたがペロリと食べてしまいました。

続けて、手長海老と魚介のペスカトーレとパルマ産生ハムとモッツァレラとルッコラのピザ

パスタはとにかくエビの甘さにびっくり!鎌倉に来たらやっぱりシーフードですね。もちろんピザもモチモチ。シンプルなので上質な生ハムの美味しさをしっかりと味わうことが出来ます。

メインのお肉とお魚

バジルソースのさっぱりとした真鯛と、コクのあるソースがお肉の中までしっかりとしみ込んだスペアリブ。やや濃い目の味付けが食欲を増進してくれます。

デザートは冷製プリンをチョイス。シャーベットのようなシャリシャリとした食感が暑い夏にぴったりでした。

かなりのボリュームのランチコースだったのでお腹いっぱい。

 

 

しっかり涼んだあとは小町通を鶴が丘八幡宮へ向かい歩くこと5分。小町通の出口手前の路地を曲がると閑静な住宅街の中にひっそりと映画館があります。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top