小岩井農場でバター作り。ブラリと出発する休日のおでかけは楽しい! 

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。同級生とギター&ボーカルのユニットを組み、たまに音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みには友人とのお出かけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住!)など、私の東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

自然災害により、今年もたくさんの地域で大きな被害を受けています。被災された皆さんはしっかりと前進し、元通りの、いやそれ以上の元気を取り戻そうと頑張ってますね。日本人の底力は素晴らしいです。
そんな中、ありがたいことにこちらは台風の被害もなく無事に連休が過ぎ、連休中もお仕事だったので、平日にお休みを取ってブラリと「どこか」へ行こうと、パートナーくんと2人で午前中からおでかけしました。ゆっくりめに、ブラリと。

 

車を走らせながら、2人とも久しぶりだということで、小岩井農場へ行ってみよう!ということに。そして小岩井農場の近くにある、盛岡手作り村へも行ってみようかと、行き先を決めました。

 

小岩井、と聞けば皆さんご存知でしょうね。牛乳やチーズ、バターやヨーグルトなどがすぐに頭に浮かぶと思います。

 

岩手山南麓に位置する小岩井農場は、約3,000ヘクタール、東京ドームがなんと640個分の広さだそうです。(観光エリアは40ヘクタール)

元々は緑はまばらにしかない原野で、火山灰におおわれていたそうです。
明治時代に小岩井農場の創始者となる井上勝氏が、鉄道庁長官として東北線を敷設するにあたり、小岩井の地を訪れたときに、一面にの広大な荒れ地を見て、ここを開墾して本格的な農場を建設しようと願い出た、という話が語り継がれていて、ここ小岩井農場は、120余年の年月をかけて緑生い茂る農場、そして観光もできる「まきば園」ができ上がったのです。

この日は連休が明けた平日でしたが、観光の方々けっこういました。幼稚園の遠足らしき可愛い団体様もいて、休日はどれだけ混んでいるんだろうかと思いました。土日限定のイベントもありますしね。

 

私はサイトで見た羊の毛刈りが見たかったのですが、それは連休中のイベントだったようです。
スマートになった羊たちが見られるかなと思いましたが、羊の放牧もこの日はお休み。残念!
でも、お馬さんたちは見られましたよ。可愛いポニーも、大人しくて人懐こく、頭をなでなでしてきました。大きな瞳がとても可愛らしくて、思わず話しかけたりして (笑)

「小岩井農場」と書かれた手作りと思われる木製の看板とベンチ、そしてミルク館前の牛のベンチは、”どうぞここに座って写真を撮って!”と言ってるかのようなスポット。
仰せの通り、撮りましょう!と、しっかり座りポーズを決めて撮影しました(^^)
パートナーくんは、いつものように後ろ姿を。

記念撮影したあとは、AM10時とPM1時に行われる「バター作り体験」1時の回を予約。少し待って、まきばの体験館の中へ。

 

使われる牛乳は、「ノンホモ牛乳」という種類。
私たちがスーパーなどで購入する牛乳には「ホモ牛乳」と書かれています。このホモ・ノンホモの”ホモ”とは、「ホモジナイズ」の略で、搾乳した牛乳をおいておくとクリーム部分が分離して浮いてきます。それを防ぐために脂肪の球を細かく砕き、均質化する工程を「ホモジナイズ」と言うそうです。バターを作ったノンホモ牛乳「小岩井 農場育ち」ですが、この牛乳は、小岩井農場と東京駅構内エキュートでしか買えないそうです。

 

普段私たちが飲んでいる牛乳は、130℃で2秒間の高温殺菌をした「ホモ牛乳」、今回バター作りに使用したのは、63℃で30分間ゆっくりと低温殺菌した「ノンホモ牛乳」、この牛乳からバターが作られます。


体験料金は1人500円。2人でひとつ・500円でもいいそうです。

 

私たちはそれぞれひとつずつ。90mlのノンホモ牛乳を殺菌済みのプラスチック容器に入れ、振ること10分弱。写真、容器のまわりに脂肪分がポツリポツリとくっついてるの、おわかりでしょうか? これがバター、無塩バターです。
90mlの中に脂肪分は3%、なので絞って開いたペーパーの中のバターはほんの少し。ですが、そのほんの少しのバターがふんわりなめらかで、優しい美味しさなんです!自分が一生懸命振ってできた手作りバターなので、よけいに美味しい (笑)

 

手作りの無塩バターは持ち帰りはできませんので、その場で塩気のある南部せんべいにつけて食べました。
バターを取り出して、残った牛乳は”低脂肪牛乳”ですね。そちらも飲んでいいんですよ~ということでしたので、そのままゴクゴク。甘みがあってサラリとしていて、こちらもまた美味!
また小岩井農場へ行くことがあれば、もう1度やってみたいです。
皆さんも、小岩井に行く機会があれば、ぜひ体験してみてください!

 

 

お次は小岩井農場から車で15分ほどの「盛岡手作り村」へ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top