OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/161951/

ハワイ島のキラウエア火山その後。妹と娘と見てきました。

林檎(OG)

林檎(OG)

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

記事一覧を見る

魚沼へ引っ越したとき、
もう二度と行けないだろうなぁ、と思っていた大好きなハワイへ、
まさかの再訪ができたのが5年前のことでした。

 

妹と娘と出かけた女史ばかりのその旅は、
あまりに気兼ねなく、あまりに楽しく、
また絶対に行きたい!と決心して、
密かにコツコツと始めた500円玉貯金。
目標の5年目、そう、
昨年の12月に、めでたく満杯となったんです!

 

ハワイへ行く、ということは、
我が家のような小さい宿にとっては
その期間は休館する、ということ。しかも1週間!
ちょっとした一大事なんですよね。
それでも、主人ががゴーサインをくれて、
夢の旅を実現することが出来ました!感謝しかない。

 

旅行会社勤務で、
ハワイ経験も豊富な妹がすべてプランを立ててくれました。

 

私と娘をハワイ島に連れて行ってあげたい、
と、ずっと言っていた彼女のこのプランは
朝から晩までめいっぱい活動して、しかも無駄がなく、
Big Islandを満喫できる旅でした。

ホノルルで乗り換え、ヒロに到着。
空港は大きいのに、なんとものどかな田舎町に到着です。
日系移民が最初に移り住んだ街なのだそう。

 

この街での観光のひとつは、
キラウエア火山です。

昨年噴火したニュースは記憶に新しいところですが、
専門家によると、火山はすでに活動をやめている、らしい。
あの真っ赤な煮えたぎるような溶岩の噴出は
まったく見えませんでした。

 

ハワイ島に足を踏み入れて実感したことは、
この島はまさに溶岩でできているんだ、ということ。
キラウエアの近辺だけでなく、
ほぼ全島が溶岩なのではないでしょうか。
島のどこをめぐっても真っ黒の溶岩があちこちに普通に見られます。

 

太古の昔に溶岩が流れてきて完璧に固まり、
草が生えてきているところもあれば、
近々の噴火で溶岩が流れてきて、道路が閉鎖されているところも。
ここから先は行ってはいけません、と、書いてありながら、
実は進んで行った私たち。
その先の溶岩は鋭く尖っていました。
これこそがたった今固まった溶岩の姿です。

溶岩台地の真ん中だけ車が通れるようになっていた!
進むのもちょっとドキドキします。

マウラナニという高級リゾート地にあるラバチューブ(溶岩トンネル)は
噴火のもたらしたパワースポットなんだそうです。
オーラが見える、ということでそれぞれが、記念撮影です。


ハワイ島では噴火は’火山の女神ペレ’の怒りだと考えられています。
神話のレベルはすでに超え、
島もペレからの借り物、だから、しょうがない、と考える人が
実際にとても多いのだそう。
女神ペレと共に生きているんですね。

ちなみについ持ち帰りたくなる溶岩ですが、
持ち帰ると女神ペレの怒りを買うそうなのでご法度!

 

キラウェア観光の前には
ホノルル在住の友達から情報をもらったカフェでランチをしました。

 

妹曰く、
’ガイドブックに載ってた情報と写真じゃ、絶対にここを選ばないけれど、
すごく美味しくて、雰囲気もよくて、いい感じ!’
ですって。

 

ベジタリアンやビーガン向けの野菜中心のワンプレートは、
街中のパンケーキのそれとはひとあじもふたあじも違ってました。

 

 

味噌味のスープがお勧め、と聞いたのときはすでに後の祭り!
私たちが選んだのはなんとトマトスープの方でした~~。
美味しかったよ~。

 

 

Cafe Ono(カフェ オノ)

この日は黒砂海岸まで足を延ばし、
夕方近かったのにウミガメにも遭遇出来ました。
白っぽいものがウミガメですよ。
何しろ規定以上近づいてはだめ、触るのももちろんダメ。
見ている人はそれを忠実に守っています。

うーん、今日はたくさんパワーをもらったよ!
明日も早起きよー!

 

ハワイ島の旅はまだ続きますー!

 

Cafe Ono(カフェ オノ)

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#海外 #アメリカ #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル