中世の街並みが残るプラハ一人旅 (後編)

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

今回も、前回に引き続き、プラハの街の独り歩きルポです。

二日目は、プラハ最大の観光地、プラハ城を訪ねました。

プラハ城は,ヴルタヴァ川西岸の小高い丘の上にあります。川べりから歩くとかなり長い急坂を登らねばなりませんが、そのあたりには見どころもいっぱい。行きはトラム、帰りは徒歩で下ってくることをお勧めいたします。

 

こちらはプラハの歴代王の居城で、9世紀に建設が始まり14世紀には現在の形がほぼ整いました。城壁に囲まれた敷地内に、旧王宮、教会、修道院、博物館などが立ち並んでおり、急いで見ても半日くらいかかります。

一番の見どころは、威風堂々とした聖ヴィート教会。遠くから見えているのは、この教会の尖塔です。10世紀に元となる教会が建てられ、14世紀のカレル4世の時代から改築が始まりました。最終的に完成したのは20世紀になってからだそうです。

世にも華麗なステンドグラスが数々あります。

こちらはアルフォンス・ムハ(ミシュシャ)が手掛けたステンドグラス。ムハはアールデコ様式のおしゃれな女性像で知られますが、出身地のチェコでは、国民の心を描く画家でもあります。

聖イジー教会。10世紀に完成したプラハ城内最古の建造物です。こちらでコンサートがあるというチラシをもらったので、行ってみました。

ウィーンもそうですが、プラハでも、こうした歴史ある教会内でコンサートが開かれていることが多く、比較的安い値段で気軽に音楽を聴くことができます。あくまで観光用なので演奏は本格的とは言えませんが、雰囲気もよくて楽しめます。

少し坂を下ったところに「黄金小路」という路地があります。こちらは城に仕える召使たちが暮らしていたところで、のちに錬金術師が住むようになってから、この名前になったのだとか。昔の人の暮らしぶりがわかるこんな展示がある家や、かわいい小物を売る店などがあります。

その先からは、プラハの街並みが一望できる場所があります。真ん中あたりにヴルタヴァ川が流れ、カレル橋がかかっています。

カレル城の観光を終えたら、近くにあるストラホフ修道院にも行ってみたい。中世から受け継がれてきた図書室が圧巻です。

こちらはロレッタ教会。回廊に囲まれた美しいカトリック教会です。

塔の中に27個の鐘があり、毎時、巡礼歌を奏でます。

内部の装飾もこんなに華麗です。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第93回
中世の街並みが残るプラハ一人旅 (後編)


  • To Top