吉田輝星投手の会見はここでした! 秋田ポートタワーセリオンへ

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

今回のおでかけは、秋田市土崎港(つちざきみなと)にある秋田港、道の駅あきた港・秋田市ポートタワー、セリオンへ。

1994年に秋田港にできた、様々な施設が入るポートタワー、周辺の施設群、それらを総称して道の駅あきた港というようですが、秋田県民はこのタワーのことをセリオンと呼んでいる人がほとんどだと思います。

 

全高143m、無料の展望室は100mの高さ、6,272枚の強化ガラスで囲まれたポートタワーで、日本海はもちろん、秋田市街や太平山(たいへいざん) 鳥海山(ちょうかいさん)、男鹿半島の山並みなども望む事ができる観光スポット。

 

そしてここセリオンは、”恋人の聖地プロジェクト公式サイト”で認定されたこともあるデートコースなのだそうです。

そういえば、私もここができた頃、当時の彼氏とデートに来たものでした。今も変わらず現役デートコースとしてここセリオンが存在しているとは、嬉しいことです。

 

秋田市内には雪は全く無く、雪国秋田にも今年は早い春が訪れたんだなぁと思ってましたが、まだまだ。さすが日本海、秋田港は風が強くて寒い寒い!風力発電機のブレードがぐるぐると回ってました。

タワーの中、手前の2階建てぐらいの低いほうは、セリオンリスタという温室公園です。温室とはいっても、特に暖房がきいているわけではありません。でも、ホワッと暖かいんです。外が寒いからよけいに暖かくてホッとします。

 

2階部分にはベンチが並び、ガラス張りなので町並みを見渡すこともできます。

1階は温室公園というだけあり、ちょっとした遊び場や植え込みがあり、綺麗な白梅や紅梅、その他の植物・お花が見頃を迎えてました。

ポツポツと可愛らしい赤い花を咲かせていたヤブツバキの木の下で、1枚撮影。

このセリオンリスタの中に、すぐ近くから移動してきた、うどん・そばの自動販売機があります。

 

2015年3月に、NHKの番組「ドキュメント72時間」で放送された「秋田 真冬の自販機の前で」が大変な評判となり、その年のその番組で、年間1位になりました。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top