OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/172981/

朝ドラ「なつぞら」の舞台、十勝地方・帯広のスパリゾートが最高

elel

elel

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

記事一覧を見る

NHKの朝ドラ「なつぞら」の舞台になっている十勝。
十勝地方は農業王国で、北海道外ではパン屋さんや和洋菓子店で十勝産小豆使用、十勝産バターを使っていますという材料表記をよく見かけます。

 

それほど、十勝産というブランド力が高いのだなぁと感じるのですが、実際に美味しいものの宝庫なのは間違いありません。

 

日本一の小麦産地、乳製品が美味しい、とかちのさくらんぼ酵母とくれば…はい、そうですね、パンが、美味しいのです。

 

というわけで、やってきました帯広「森のスパリゾート北海道ホテル」


帯広駅から車で5分ほどの市街地ですが一歩入るとまるで森の中にいる気分になります。


チェックインしてすぐ向かったのはホテル内のショップ「エブリシングノース」。

 

こちらには、この道40年の奥富シェフが焼くホテルメイドのパンが評判で宿泊客だけでなく地元の方も買いに訪れます。売り切れてしまうものもあるので、明日の分を予約しておきます。実際にこの時間にはほとんどパンがありませんでした。これで一安心なので、夕食までは中庭を散歩。


ここで、バードウォッチングや遊びに来るエゾリスを見かけたり、夕陽を眺めてのんびり過ごすのも贅沢な時間です。

お散歩でお腹を空かせて夕食へ。


中庭を見渡せる眺めのよいバードウオッチカフェ。
木箱には、エゾリスもやって来ますが午前中の方が出没しやすいかも。

 

いただいたのは、「十勝清水町フェア」で清水町の食材を使ったコース。


中でも、インパクトの強かったのは原木しいたけのコンソメクリームスープ。びっくりするほど濃厚なしいたけの風味。
しいたけの苦手な人でもこんなに美味しいなら食べられるのではと思うほどです。

 

他にもたくさん美味しいお料理いただいたのですがパン好きの注目はココ。ホテルメイドのこのパン、十勝産小麦キタノカオリと聞いて「え!キタノカオリ使ってるんですか!」と過剰に反応。

 

キタノカオリ、希少価値の高い高級な小麦です。
歯切れがよくて、バターを付けるとまた美味しい。そもそも、付け合わせのバター自体が美味しいのです。

 

夕食を楽しんだ後は温泉へ。


世界的に珍しい植物性モール温泉は、美人の湯と言われ、烏龍茶のような茶色のお湯です。

 

十勝川温泉が好きという女優さんが、肌にいいから頭まで浸かると言ってましたが、さすがに大浴場では無理。手ですくっては顔にピチャピチャしてみました。

 

湯船で手足を触ると、ヌルヌルするくらいの感覚で、夜ボディークリームを塗らずに寝たのですが、翌朝いつもは粉をふくぐらい乾燥しているスネがしっとりしていました。さすが美人の湯。

 

翌朝、楽しみにしていた焼きたてパンが食べられる朝食へ。


オープンキッチンでは十勝産小麦100%のパンが次々焼かれています。

 

席に案内していただく途中、ホテルの方に「そこにリスが来ていますよ。」と教えてもらい外を見るとエゾリスが木箱の所に。

 

か、かわいい、カメラ、カメラと探しているうちにいなくなってしまいました。素早いんです、リス。

 

その後も2回ほど見つけましたが、写真に収める事が出来ませんでした。無念。

 

朝食は洋食を選択。もちろん全て十勝産。
テーブルまでパンの入ったバスケットを持って来てくれるので、始めに3つ選びます。クロワッサンとデニッシュ2つ。
デニッシュ甘いと食事の邪魔かなと思いつつ一口。ところがちゃんと食事用のデニッシュでクロワッサン寄りの甘さ。
トーストには自家製ジャム。トーストはもっちりサクサクで食感がすごくよいです。


北海道産のお米を飼料にしている米艶という卵は、黄身が白いので白いオムレツになります。臭みのない上品な味。
他には、お約束のチーズとヨーグルト。当たり前のように美味しいです。

 

さて、温泉も入らなきゃ、パンも買いに行かなきゃという事で、最初の焼き上がり8時目指してショップへ。

 

見た感じまだ並べているところだったのでひとまず退散。
美人の湯につかり、自称美人になってから再び焼き上がり10時目指して再びショップへ。


今度はずらっと並んでいます。
昨日、お店の方に勧められた十勝あんフランスやバターフランスが山積みに!


こちらが予約しておいたガーリックバターフランス。
他にも十勝ダブルチーズフランスも購入。
テレビで作っている所を見たのですが、フランスパンに惜しみなく刷毛でバターを塗り、ダブルチーズフランスは2つに割るとチーズがあふれ一口かじるとチーズがビローンと伸びるというのを見て帯広行きを決意。

 

実際いただくと、チーズの風味が豊かでパンとの相性もバツグン。チーズが口からビローンは私がやるとおぞましいので写真はありませんが、ガーリックバターフランスは


わかるでしょうか、バターがたっぷり染み込んだ感じ。このバターが濃い。シットリ部分が特に美味しくて十勝バター最高と思わず口走りました。

 

奥富シェフがおっしゃっていた「食べた時に幸せな気持ちになるパン作りをしたい。」そんな思いのこもったパン、本当に美味しくて幸せな気持ちにさせてもらいました。

 

 

森のスパリゾート北海道ホテル

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#北海道 #食べる #温泉

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル