OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/187549/

パン好きが銀座線で行くパン屋さん巡り

elel(OG)

elel(OG)

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

記事一覧を見る

今年の夏も行ってきました!東京でのライブとパン屋さん巡り。
夏場は東京のパンの売り上げが落ちるらしいと聞き、これは行列店、人気店に行くチャンス!
とはいえ、道産子の私にとって東京の蒸し暑さは苦しい。歩く距離は短く、効率的に回りたい。宿泊は渋谷なので、銀座線を使って人気のパン屋さんを回ります。
まず、いつもライブ前はパンを2個食べると決めているので、渋谷駅西口から汗だくで坂道を登って行くと


急に緑に囲まれたお店が。オアシスか…。
こちらは「GREEN THUMB(グリーンサム)」今年の5月にオープンしたお店です。
人気ベーカリー365日が監修する近未来的都市型ベーカリーと聞き興味津々。


L字型のショーケースにはとにかく沢山の種類のパンが並んでいます。パン生地の気泡の大きさや数をコントロールし、パンごとに成形方法を変えているのだそう。

チョコ系が食べたい。というのもここはチョコレート専門店「green bean to bar CHOCOLATE」がプロデュースしているのでチョコレートの付いているものは間違いない。ショーケースを何往復もして決めたのは、ブラックサムというサクサク生地にチョコがたくさんちりばめられたもの。

パンオショコラのようだけれども、新しいなぁこれが近未来なのかと思いました。
イチゴマフィンも酸味が丁度よく甘さ控え目、美味しかったです。

どうしても食べたい食パンは「パンのペリカン」
売り切れる時もあるとの事で、2日前に予約しておきました。
田原町で降り、歩くこと5分弱。
午後の焼き上がりが13時と聞いたので13時半くらいに到着。


お店の前に何人か人がいて貼り紙が。今日の分は売り切れたようです。予約してよかった!


持っただけで、フワフワ感が手に伝わります。
ここまで来たら少し歩いた先に、直営店のペリカンカフェがあるのでそちらに向かいます。
一時間待ちなどザラと聞いていたのでドキドキしながらお店の前に…。


名前を書こうとすると席が空いていて、すんなり入店。
そのあと、すぐ満席になっていたのでラッキーでした。
なぜ、パンを買ったのにわざわざカフェに来たかというと、家では出来ない炭火で焼くトーストを食べてみたかったのです。

炭火の上の網にパンを乗せ蓋をかぶせてという作業を見て、いやでも胸が高まります。


炭焼きトーストとミネストローネスープ。スープにもパンが入ってます。お麩のような感じになります。


耳からちぎって外はカリカリを確認。2つに割ってビックリしたのはその滑らかさ。まるで絹のようで中身はぎっしりつまっているのにフンワリ。

なるほど、これは毎日食べたいトーストです。
もちろん生でも美味しいのでサンドイッチでもよいし、2斤買うべきでした。
フルーツサンドも食べたかったのですが時間もなくなってきたので次へ。
日本橋で下車、高島屋にある「365日と日本橋」へ


一軒目のグリーンサムが美味しかったので同じ系列のこちらも行きたくなり、行列していると聞いたので覚悟して行くと、ベルトパーテーションが見えてきて…。


私が入った時はレジ待ち2人と注文している人が1人。対面式なので、入っちゃおうと入ったらとたんに列が出来ましたが全然流れてて、むしろ 迷う余裕がないほど早かったです。


これが人気のクロッカンショコラ。午後には売り切れている事もあるとの事でしたが間に合いました。
こちらのパンは小さめサイズなので色々食べ比べ出来て楽しめます。
酒種酵母で作ったという酒種パンも美味しかったです。

では、日本橋から羽田空港に向かって帰ります。
行列必至と言われるお店、全てタイミングよく制覇しました。
確かに暑い日は、パンより冷たいお蕎麦とか食べたくなりますよね。
でも、私はパンです。

今回もまた毎食パンで通しました。
東京のパン、これが最先端なのだなぁとつくづく思いました。
次々に行ってみたい所が増えていくので、私のパン探しの旅はまだまだ続くのです。

GREENTHUMB

パンのペリカン
ペリカンカフェ

365日と日本橋


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル