OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/199686/

「パラサイト 半地下の家族」見ましたか? 私的映画の楽しみ方

けいとりん

けいとりん

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

記事一覧を見る

私の人生は映画と共にある、と言っても過言ではないほど映画が大好きで、FBやインスタでもしょっちゅう映画の感想を書いてます。

 

BS放送・レンタル・ネット配信の映画を家で観るのがほとんどで、一度観て気に入ると、何度も繰り返し観るタイプです。そんな私が久しぶりに映画館へ足を運びました。

 

先日、第92回アカデミー賞が決まりましたね。
授賞式前にノミネート関連作品を、2日間で3本鑑賞しました。

1日目が2本立て。マイタンブラー持参で、途中にソイラテと豆乳きなこの黒豆入りマフィンで小腹を満たす。気づけばイソフラボン三昧です(笑)

 

私の定番、シナモンパウダーをパパっと投入した無糖ソイラテは、2009年の「あなたは私の婿になる」という映画で、サンドラ・ブロックが毎朝部下に買わせていました。偶然の同じ定番に、嬉しくなった私です。

 

以下、感想ですがネタバレしないように、できるだけ簡潔に……。

 

まずは1日目の1本目、「リチャード・ジュエル」。

言わずと知れたクリント・イーストウッド監督作品。イーストウッド独特の、画面の表面を薄く削りとったような、少しだけ色が褪せたような雰囲気を感じる映像。

 

マーゴット・ロビー主演の「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」に出演していた、ポール・ウォーター・ハウザーがリチャード・ジュエルを演じています。

 

そして私の好きな役者の1人であるサム・ロックウェルがリチャードの弁護士、ワトソン役。英雄が一転、容疑者へ。観ている側は、わかっているからこそ理不尽な成り行きに苛立ち、正義であるべきものに落胆し、怒りをおぼえます。リチャードの母親役、キャシー・ベイツには今回2度泣かされました。

 

私の映画のお仲間が、「サム・ロックウェルにハズレなし!と言っていて、それには私も異論なし! 彼の出演作はホントにおもしろいものばかり。

 

ちなみに、けいとりんオススメのサム・ロックウェル出演作は、「禁断のケミストリー」「セブン・サイコパス」「スリー・ビルボード」「プールサイド・デイズ」などなど、他にもたくさんあります。

 

2本目は「フォードVSフェラーリ」コーヒーを買って入場。こちらは見事、編集賞などを獲りましたね。

監督はジェームズ・マンゴールド。アンジェリーナ・ジョリーにオスカーをもたらした、1999年の「17歳のカルテ」の監督・脚本の人です。

 

これは思っていた以上におもしろかった!そしてクリスチャン・ベイルが最高によかった!!

 

 

レーシングカーについては全然わからないけれど、車がぶっ飛んでいくレースシーンにワクワクし、自分の気持ちが高揚してくるのがわかりました。7000回転の世界、その先に見えるもの。こういう映画を観るにつけ、男の人っていいなぁと思います。

 

 

マット・デイモン演じるシェルビーと、クリスチャン・ベイル演じるケン・マイルズの、車、レースを愛する男の友情が胸を熱くします。

 

 

「サバー・ビコン 仮面を被った街」でマット・デイモンの息子役だったノア・ジュプくんは、今回はクリスチャン・ベイルの息子役。相変わらず可愛らしい顔だが、ヒョロッと背が伸びてきて、カッコよくなりそうな予感。成長がとても楽しみ。

 

 

2日目は「ジョジョ・ラビット」。こちらは脚色賞を受賞しましたね。ジョジョ・ラビットにもサム・ロックウェルが出演してます。この日の映画のお供はカフェラテ。

「シェアハウス・ウィズ・バンパイア」という、とてもおもしろいホラーちっくなコメディー映画の監督・脚本・出演のタイカ・ワイティティが、同じく監督・脚本・出演です。

 

 

第2次世界大戦下のドイツ、ヒトラーユーゲントという青少年団の兵士になりたいジョジョと、その周りの人々のお話し。ユーモアがあって素敵。ダンスシーンや、音楽もいいんですよ~。ツラい現実に涙しながらも、笑いと愛が溢れる映画。観てよかった。

 

 

さて、第92回アカデミー賞で4冠に輝いた「パラサイト 半地下の家族」。授賞式前から評価がかなり高かったですね。外国語映画賞は、ほぼ間違いないんじゃないかと思いましたが、それ以上の快挙でした。(秋田では授賞式の放送が終わってからの上映だったので、この時はまだ見られず!)

映画のおでかけ3in2days、けいとりんの感想でした。

映画館の大きなスクリーンで映画を観るって、やっぱりいいですね。私にはストレス解消にもなって、また近いうちに行かなくちゃ!と思いました。

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#エンタメ

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル